言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    不思議なもので、外国語を研究していたり、外国語関連の仕事についている人たちは大体肩こり腰痛に悩まされています。語学関連以外の全てのデスクワークでもこれらの問題は深刻ですし、お尻もとても痛くなります。

    私も一日に20時間以上椅子にほぼ座りっぱなしということも多いので、色々な椅子を試してきました。これまで使ってきた様々な椅子の感想をまとめてみます。

    まずは筆頭なのがアーロンチェアですが、大きい椅子を海外から輸入しているということもあり、運搬のコスト等のためにあきらかに割高です。

    アメリカのアマゾンではアーロンチェアクラシック(Herman Miller Classic Aeron Task Chair)は8万4千円弱ですが、日本のアマゾンでは14万6000円です。
     

    実際は8万円くらいのものをこの値段で買おうというのもちょっと損した気分になりますよね。高級椅子とは言っても、そこそこの椅子な感じがしてきます。



    その点国産であれば、値段そのままの性能のことが多いです。もちろん量産体制を整えているか、材料をどういった所から仕入れているかとかにもよるので、なんともいえませんが、基本的にはリーズナブルです。

    そんな中でお勧めなのはオカムラのバロンとイトーキのスピーナチェアです。
    バロンのほうは11万円程度なのでお徳ですが、少し、腰の部分の出っ張りのせいか、「全身を椅子に支えてもらっている」という感覚が薄いので、スピーナチェアのほうが背中や腰の負担が少ないように感じました。そのぶんスピーナチェアのほうが高く14万円ほどします。ヘッドレストがついていてこの値段は、アーロンチェアと比べて、とても得です。(アーロンチェアの別売ヘッドレストは2万円弱)

    いずれにしても、そのへんの4,5万円くらいの椅子よりは段違いの安定感ですし、体の負担の軽減も普通の椅子とは全く別物です。

    品質や座り心地、腰痛や肩こりへの効果もアーロンチェアとほとんど変わりません。アーロンチェアは輸入による経費だけではなくて、ブランドとしても確立しているので、どうしても割高になりますが、基本的に椅子は値段相応です。高ければそのぶん間違いなく良いものになります。


    インスパインというコクヨの椅子も評判が良いのですが、これに関しては使ったことがありません。値段や国産品であることを踏まえると、バロンやスピーナチェアと遜色ないはずです。


    ↑インスパイア

    他にもオカムラのコンテッサの評判も良く、スピーナチェアと同じ価格帯です。



    ↑コンテッサ

    ヘッドレストがついていて頭を預けられる椅子が特に助かります。仕事のやり方にもよりますが、頭もしっかりとどこかに固定できたほうが背中、肩、腰の負担が減ります。アーロンチェアはヘッドレストが基本的に別売ですが、バロンとスピーナチェアに関しては最初からついているモデルがあります。

    こういった高級デスクチェアで大切なのは肘置きで、肘当て部に肘を置くことで自重を分散させて、体の負担も減ります。また、肘当ての大きさや柔らかさ、材質も大切で、ものによっては硬くて肘が痛くなるものや、面積が狭く安定して肘を乗せられないものがあります。

    高級椅子が安い椅子と違うのはその安定感で、重い三脚のようにどっしりとします。安定しているからこそ体を支えられますし、そのおかげで体の痛みから解放されます。

    アーロンチェアもそういった基準を満たしていますし、これまでに触れた椅子ならすべて問題ないのですが、ここまでに紹介した椅子たちの唯一の欠点はお尻の痛みは緩和されないということです。

    これに関してはもうどうしようもないというか、ここまでに紹介した椅子たちはあくまで腰痛や肩こりのためにデザインされた椅子たちで、お尻の痛みをケアできるようなものではありません。

    そこで一番良い椅子とも言えるのがハーマンミラーのEames Executive Work ChairEames Lounge Chair and Ottomanですが、とにかく高いです。

    前者が40万円程度、後者が50万円ほどしますが、これはアメリカで購入した場合の値段なので日本で買うとEames Lounge Chair and Ottomanは65万円します。

    もうここまでくると値段はどうでもよくなってきますが、国産でも同等のものがあります。それがコクヨ マネージメントチェア130で、37万5000円ほどの価格です。

     

    ハーマンミラーのEames Lounge Chair and Ottomanの日本版とも言えるものですが、非常に割安です。どっしりとした安定感が他にないほどで、どれだけ体格が良くても安心して全身をあずけられます。更に、肘置きがやわらかく、広く、肘を置いていても痛くなりません。

    細々とした椅子の各部位の角度調整が、こういったタイプの椅子ではできませんが、そういったものはもうお構いなしに柔らかい革張りの椅子本体が全身を受け止めてくれるので問題ありません。座高がとても高い場合は別かもしれませんが、頭も預けられます。

    そしてこういった椅子はさすがにお尻の痛みも緩和してくれます。特に痩せ型の人の場合、アーロンチェアなんかでも長時間座るとお尻が痛くなりますが、マネージメントチェアくらいになるといくら座っていても、椅子自体がふっくらしていて、痛くなりません。

    唯一気になるかもしれないのは、アーロンチェア、バロン、スピーナチェアなどとちがってメッシュでは無いので、そのぶん蒸れることくらいでしょうか。空調がきちんとしていればあまり気にならないと思いますが。

    ちなみにゲーミングチェアもDXRACER ゲーミングチェア DXR-BKNを使ったことがありますがここで紹介したような高級椅子と比べると、とにかく安定感が無いので、本気でゲームをしたかったらバロンかスピーナチェアあたりを購入したほうが良さそうです。

     

    一見するとゲーミングチェアは安定感がありそうですが、ソフトな部分が大きいだけで、骨格のフレームがとても細く弱いです。ゲーミングチェアの利点はヘッドレストが値段の割には安定しているので、頭を預けっぱなしのプレイスタイルなら重宝するかもしれません。

    そこそこ高い椅子はもちろん安い椅子よりも優れていますし、腰痛や肩こりもマシにはなりますが、それでもどこか中途半端で、体の不調もどんどん増えていきます。どうせならできる限り良いものを買って一生使ったほうが、いくつかの椅子を試して変えるより、結局はお買い得でしょう。

    試座などで体験してみないとなかなか購入できないでしょうし、各地の試座情報などをチェックして試してみるのをお勧めします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本語では類語辞典のオンライン版はまだ充実していないので、どうしても紙媒体の辞典も必要になりますが、英語ではオンラインのものだけで十分です。

    http://www.thesaurus.com/
    こちらのThesaurus.comがまずはシンプルな使いやすいもので、見やすく類義語のみ列挙されます。ただし少し荒いというか、至極単純なシソーラスです。

    https://www.merriam-webster.com/
    お勧めなのはこちらのMarriam-Websterのサービスで、書籍版も非常に高く評価されています。
    ある単語で検索すると、その語のもつ意味をいくつか列挙し、その意味ごとに違った同義語のリストを見せてくれます。反義語や関連語も同時に表示されて、色々な候補から語彙を選択できます。

    https://en.oxforddictionaries.com/
    最後にこちらのOxford Dictionariesもおもしろく、口語的な類語も別項目で提示してくれます。アメリカ英語やイギリス英語に分けた分類をして示してくれるのも大きな特徴です。

    きちんと使うならMarriam-Webster、あまり時間をかけたくないならThesaurus.com、口語表現も含めたいのならOxfordという感じです。




    英語で文章を書く場合、同じ単語を繰り返して使うというようなことは避けたいですが、特にそれは英語で論文を書く際やライティングの試験の際に重要になってきます。

    TOEFLではたとえば採点ソフトが自動採点をしていますが、その採点基準に、使っている語彙の種類の多さも含まれているようです。

    500語近くの文章でTOEFLで回答した際に、あえて同じ単語を大量に使った場合、300語程度の回答と同程度のスコアでした(語彙の種類数が300語の文章と同程度)。また、同様に、500語で回答しできる限り違う語彙をちりばめた場合点数が一気に伸びました。用いられている構文はこれら2パターン内で同様で、文法ミスも差はなく、あくまで語彙の多様性のみ異なるように回答しました。

    単純に採点基準は総語彙数に基づいているのではなく、「どれだけ多くの語彙を使っているか」のようです。ここから文法のミスなどによる減点や、構文の多様性などによる加点で点数が決まっているようです。

    TOEFLはプログラムによる自動採点を採用しているのでこのように単純に対策できますが、英検やIELTSなどでも基準は同様かと思われます。採点者によって点数が異なると試験として致命的ですから、誰が採点しても同じ点数になるように、それぞれの試験で厳密に採点基準を設定しています。

    つまり、手っ取り早い対策としては、シソーラスなどを駆使して、普段から多様な単語を書けるアウトプットを鍛えることです。そしてGrammarlyなどで文法ミスをチェックして無くしていき、構文の種類に幅をもたせられるようにGREのライティング模範解答から構文を拝借してくれば、コンスタントに満点近くをライティングでとれるようになります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    同じ単語を文中で何度も使うと語彙力が貧しい印象を与えますし、文章がどうしてもつまらなくなってしまいます。そういった状況で役立つのが類語辞典で、角川書店の「類語国語辞典 」は卒業論文や、文芸作品の執筆などさまざまな場面で役立ちます。

    もともと類語辞典が役立つという話を聞いたのはアメリカ人の脚本家からで、ほとんどの脚本家は類語辞典をもっているとのことでした。論文執筆にも役立つと思って購入したら、まさに世界が広がったというか、同じ語彙を避けたいけどちょうど良いものが思いつかない、もどかしい時間が減り、よりスムーズに文章を書けるようになりました。

    物書きと言われる人たちには類語辞典で必須で、ライター業や、小説、ラノベ、漫画、論文、日本語を使う仕事なら何でも役立ちます。

    日本でも
    http://thesaurus.weblio.jp/
    こういったオンラインの類語辞典があるので、こちらも併用すると良いです。

    どうしても紙の辞書なのでオンライン類語辞典と比べると単語を見つけるのに時間もかかりますし、状況によってはオンラインのほうが適しているでしょう。より良い単語を探したいし時間がかかっても問題ない、という場合は併用が一番望ましいです。

    いくつかある類語辞典の中ではこの辞典が、ひきやすさ、語彙数などを含めてもっとも良いと思います。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    国際的な活動をできた日本人の代表とも言える新渡戸稲造の名著です。

    そしてある意味では近代日本の最初の自己啓発的な本かもしれません。様々な名言がちりばめられています。パスカルのパンセが好きだった時期があり、似たような本を探していて出会った本です。

    個人的に好きなのは「武士道は知識を重んじるものではない。重んずるものは行動である。」なんてフレーズですが、武士道に関係しないような文章も多く、国際性や日本人について考えさせる名文が多くあります。

    新渡戸稲造の英語力や、英文のレベル、正確さなんていうのも気になる方もいるかもしれませんが、この本の英文のレベルはネイティヴのものです。当時の日本の英語教育のレベルは今よりもずっと低かったわけですし、辞書の質も相当低かったでしょうから、この本の英文は相当ネイティヴが校正、添削していると思います。冠詞の間違いすら、軽く見た感じ、見つかりませんし、オリジナルの文章ではないはずです。

    結局オリジナルの文章はわかりませんし、新渡戸稲造の英語力はわからないのですが、それはつまり、この本の英文はそのまま覚えて応用してしまっても問題文章だということですし、英語の勉強にとても有益です。

    "If there is anything to do, there is certainly a best way to do it, and the best way is both the most economical and the most graceful."

    なんて文章が、たとえば英語圏でも名文として扱われているようですが、こういった文章はとても記憶に残りやすく、覚えてそのままスピーキングやライティングに応用できます。

    英語の名文暗記はとてもメリットが多く、記憶に残りやすいというだけではなく、自己啓発にもなります。実際に文章を思い返して励まされる、というような直接的なことはあまりありませんが、無意識のうちに良い方向に人格形成をしてくれるのは確かです。

    もちろん英語学習は不要という場合でも、日本語の文章が非常に良いのでお勧めです。





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    とにかく英語や他の冠詞がある外国語を学ぶ際に、日本人を最も苦しめるのは冠詞です。ロシア人もロシア語には冠詞が無いので、冠詞についてはしょっちゅう間違えます。

    冠詞が無い言葉を母語にしている場合に、冠詞をマスターするのはほぼ不可能なので多くの外国語試験では冠詞に関する難しい問題は出題されません。また、作文でも冠詞のミスが減点対照になることは少ないです。たとえばTOEFLなどの英作文ではたいていの冠詞のミスは減点されません。

    ただしそれでも最低限は要点をおさえておかないと、問題となる場合があります。英語の試験では冠詞については許容してもらえますが、英語で論文を書く場合や、エッセー、出願動機書、カバーレター、などで冠詞がおかしいと心象が悪いですし、それで何かの機会を逃す可能性があります。

    そこでその要点をおさえるのに適しているのがこの「マンガでわかる冠詞」です。

    冠詞について理解しようとすると、関口 存男氏の「冠詞」のように大量の文章で説明されているものを読むか、なんとなくイメージで概観を把握しておくしかありません。漠然と冠詞についてイメージをもっておくと、色々と応用ができますし、何より学習が容易です。

    そういった意味でこの本は要点をイメージとして定着するのにとても適していて、マンガという媒体をうまく活用できています。また、選択されている例や題目も洗練されていて、内容が非常に優れています。

    冠詞については一応理解しておきたい、だけれども面倒、という人にもお勧めですし、英語上級者もこの本でなんとなく概要をおさえておけば大丈夫でしょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    まさかの新ジャンルドリル、「うんこかん字ドリル」が出版されました。

    子供にとってドリルという、同じことを何度も繰り返す学習方法は苦痛でしかありません。退屈さに弱いのが子供ですから、ドリルに取り組める子と取り組めない子がいます。しかし一方で、子供は論理的に考えて覚えるというよりも、反復作業で覚えたほうが記憶の効率が良いとも言われています。

    そんななかで、みんなが笑顔でドリルで勉強できるのがこのうんこかん字ドリルですね。

    この発想はなかったわ、という感じですが、こどもならみんな大好き、うんこを前面に押し出して興味をひきます。

    子供が勉強に取り組みやすいようにとられる対処は、たとえば漫画が常套手段です。漫画にしたら子供は勉強してくれるだろう、という感じで安直に作られた勉強用漫画は多いですが残念ながらあまりよい本がありません(漫画なのに内容が硬派すぎたり、漫画の質や内容そのものが子供からみても悪い)。

    うんこは基本的にみんな子供なら大好きですから、つかみはOK,まったく問題ありません。

    つっこみどころも色々あって、たとえば、「うんこ」を無理やり例文にねじ込むぶん、例文が長くなり、長くなったぶん紙面を圧迫しています。これによって、子供が繰り返して、対象となっている漢字を書くスペースが無く、一つの漢字あたり数回程度しか書けません。結果的に、子供が実際に書いて練習する回数はとても少なく、ドリルの利点である反復練習をあまり行えません。

    また、子供ならみんなうんこが好き、とはいってもませた女の子なんかは馬鹿馬鹿しいと思うでしょうし、小学六年生くらいになるとうんこ作戦にはのってくれない事も多いでしょう。この本は小学校一年生ようのものから六年生ようのものまで出版されていますが、低学年がおそらく最適でしょう。

    まったく新しいジャンルのドリルですし、何でもプロトタイプは改良されるべき点がありますが、このアイデアを今後も発展させていってほしいです。このドリル自体での学習効果が、仮に限られているとしても、これを機会に子供たちが勉強に興味をもってくれるかもしれません。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    批評というかコメントがでてるみたいなのでこちらに掲載してみます。
    ポーランド語です。

    http://jacektabisz.natemat.pl/203355,kompozycja-dla-wroclawia

    このページのトップヘ