斎藤 純男さんのこの本では、タイトルには日本語とついていますが、さまざまな言語で用いられうる子音や母音の発生方法が学べます。つまるところはIPA、国際音声記号を体系的に分かりやすく解説しているということになるのですが、この本を通してIPAの読み方や発音方法を理解すると、特に子音に関しては、ネイティヴにかなり近い発音が可能になります。

自分が学んでいる外国語の子音がIPAでどのように表記されるかをwikipediaや語学書で調べ、そのIPA記号の発音をどうすればいいかをこの本で確認し、練習をすれば例外的な発音を除いてかなり正確に発音できます。

母音に関しては、何をすれば確実に特定の発音できるかという指標を与えられないために、難しいのですが、子音同様の学習方法で発音を改善できます。重要なのはこういった本とIPAの母音の図から舌の位置を調整することです。

例えばフランス語のjeuneはジュヌというルビが参考書でふられることがありますがIPAではœで表記されます。shita

上の図ではœが、強引な言い方をすると、「あ」と「え」の中間近くに位置していて、IPAのこの台形の図は舌の位置を示すので、舌を「あ」と「え」の中間あたりに動かしてくれば良いということになります。

斎藤さんのこの本と東京外大言語モジュールのIPAのページの音声を参考にすると、理論上どんな言語の発音もできるようになります。