日本語では類語辞典のオンライン版はまだ充実していないので、どうしても紙媒体の辞典も必要になりますが、英語ではオンラインのものだけで十分です。

http://www.thesaurus.com/
こちらのThesaurus.comがまずはシンプルな使いやすいもので、見やすく類義語のみ列挙されます。ただし少し荒いというか、至極単純なシソーラスです。

https://www.merriam-webster.com/
お勧めなのはこちらのMarriam-Websterのサービスで、書籍版も非常に高く評価されています。
ある単語で検索すると、その語のもつ意味をいくつか列挙し、その意味ごとに違った同義語のリストを見せてくれます。反義語や関連語も同時に表示されて、色々な候補から語彙を選択できます。

https://en.oxforddictionaries.com/
最後にこちらのOxford Dictionariesもおもしろく、口語的な類語も別項目で提示してくれます。アメリカ英語やイギリス英語に分けた分類をして示してくれるのも大きな特徴です。

きちんと使うならMarriam-Webster、あまり時間をかけたくないならThesaurus.com、口語表現も含めたいのならOxfordという感じです。




英語で文章を書く場合、同じ単語を繰り返して使うというようなことは避けたいですが、特にそれは英語で論文を書く際やライティングの試験の際に重要になってきます。

TOEFLではたとえば採点ソフトが自動採点をしていますが、その採点基準に、使っている語彙の種類の多さも含まれているようです。

500語近くの文章でTOEFLで回答した際に、あえて同じ単語を大量に使った場合、300語程度の回答と同程度のスコアでした(語彙の種類数が300語の文章と同程度)。また、同様に、500語で回答しできる限り違う語彙をちりばめた場合点数が一気に伸びました。用いられている構文はこれら2パターン内で同様で、文法ミスも差はなく、あくまで語彙の多様性のみ異なるように回答しました。

単純に採点基準は総語彙数に基づいているのではなく、「どれだけ多くの語彙を使っているか」のようです。ここから文法のミスなどによる減点や、構文の多様性などによる加点で点数が決まっているようです。

TOEFLはプログラムによる自動採点を採用しているのでこのように単純に対策できますが、英検やIELTSなどでも基準は同様かと思われます。採点者によって点数が異なると試験として致命的ですから、誰が採点しても同じ点数になるように、それぞれの試験で厳密に採点基準を設定しています。

つまり、手っ取り早い対策としては、シソーラスなどを駆使して、普段から多様な単語を書けるアウトプットを鍛えることです。そしてGrammarlyなどで文法ミスをチェックして無くしていき、構文の種類に幅をもたせられるようにGREのライティング模範解答から構文を拝借してくれば、コンスタントに満点近くをライティングでとれるようになります。