今年度、大学の常勤になりました。思っていたよりも本を読む時間がないのですが、今後もこのブログを更新していきたいです。

個人的には、先月父が亡くなった事が大きく生活を変えました。

このブログの開設のきっかけとなったひとつの要因は、言語学者である父でしたし、父からお勧めされていた本をこちらのブログで紹介しています。「冠詞」「アメリカ口語教本」などです。

80歳を超える日本人としては非常に珍しく、英語でのアウトプット、つまりスピーキングとライティングが得意な父でした。スピーキングに関してはアメリカ口語教本もかなり役立っていたようで、ライティングでも他の英語の得意な日本人よりも優れた文章を書くために、特に冠詞に意識を割いていました。

今後は父が英語で書いた本の出版化をすすめたり、父と兄で計画していた芸術関連イベントの運営などをやっていくつもりです。