言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

    語学学習に役立つ道具

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    不思議なもので、外国語を研究していたり、外国語関連の仕事についている人たちは大体肩こり腰痛に悩まされています。語学関連以外の全てのデスクワークでもこれらの問題は深刻ですし、お尻もとても痛くなります。

    私も一日に20時間以上椅子にほぼ座りっぱなしということも多いので、色々な椅子を試してきました。これまで使ってきた様々な椅子の感想をまとめてみます。

    まずは筆頭なのがアーロンチェアですが、大きい椅子を海外から輸入しているということもあり、運搬のコスト等のためにあきらかに割高です。

    アメリカのアマゾンではアーロンチェアクラシック(Herman Miller Classic Aeron Task Chair)は8万4千円弱ですが、日本のアマゾンでは14万6000円です。
     

    実際は8万円くらいのものをこの値段で買おうというのもちょっと損した気分になりますよね。高級椅子とは言っても、そこそこの椅子な感じがしてきます。



    その点国産であれば、値段そのままの性能のことが多いです。もちろん量産体制を整えているか、材料をどういった所から仕入れているかとかにもよるので、なんともいえませんが、基本的にはリーズナブルです。

    そんな中でお勧めなのはオカムラのバロンとイトーキのスピーナチェアです。
    バロンのほうは11万円程度なのでお徳ですが、少し、腰の部分の出っ張りのせいか、「全身を椅子に支えてもらっている」という感覚が薄いので、スピーナチェアのほうが背中や腰の負担が少ないように感じました。そのぶんスピーナチェアのほうが高く14万円ほどします。ヘッドレストがついていてこの値段は、アーロンチェアと比べて、とても得です。(アーロンチェアの別売ヘッドレストは2万円弱)

    いずれにしても、そのへんの4,5万円くらいの椅子よりは段違いの安定感ですし、体の負担の軽減も普通の椅子とは全く別物です。

    品質や座り心地、腰痛や肩こりへの効果もアーロンチェアとほとんど変わりません。アーロンチェアは輸入による経費だけではなくて、ブランドとしても確立しているので、どうしても割高になりますが、基本的に椅子は値段相応です。高ければそのぶん間違いなく良いものになります。


    インスパインというコクヨの椅子も評判が良いのですが、これに関しては使ったことがありません。値段や国産品であることを踏まえると、バロンやスピーナチェアと遜色ないはずです。


    ↑インスパイア

    他にもオカムラのコンテッサの評判も良く、スピーナチェアと同じ価格帯です。



    ↑コンテッサ

    ヘッドレストがついていて頭を預けられる椅子が特に助かります。仕事のやり方にもよりますが、頭もしっかりとどこかに固定できたほうが背中、肩、腰の負担が減ります。アーロンチェアはヘッドレストが基本的に別売ですが、バロンとスピーナチェアに関しては最初からついているモデルがあります。

    こういった高級デスクチェアで大切なのは肘置きで、肘当て部に肘を置くことで自重を分散させて、体の負担も減ります。また、肘当ての大きさや柔らかさ、材質も大切で、ものによっては硬くて肘が痛くなるものや、面積が狭く安定して肘を乗せられないものがあります。

    高級椅子が安い椅子と違うのはその安定感で、重い三脚のようにどっしりとします。安定しているからこそ体を支えられますし、そのおかげで体の痛みから解放されます。

    アーロンチェアもそういった基準を満たしていますし、これまでに触れた椅子ならすべて問題ないのですが、ここまでに紹介した椅子たちの唯一の欠点はお尻の痛みは緩和されないということです。

    これに関してはもうどうしようもないというか、ここまでに紹介した椅子たちはあくまで腰痛や肩こりのためにデザインされた椅子たちで、お尻の痛みをケアできるようなものではありません。

    そこで一番良い椅子とも言えるのがハーマンミラーのEames Executive Work ChairEames Lounge Chair and Ottomanですが、とにかく高いです。

    前者が40万円程度、後者が50万円ほどしますが、これはアメリカで購入した場合の値段なので日本で買うとEames Lounge Chair and Ottomanは65万円します。

    もうここまでくると値段はどうでもよくなってきますが、国産でも同等のものがあります。それがコクヨ マネージメントチェア130で、37万5000円ほどの価格です。

     

    ハーマンミラーのEames Lounge Chair and Ottomanの日本版とも言えるものですが、非常に割安です。どっしりとした安定感が他にないほどで、どれだけ体格が良くても安心して全身をあずけられます。更に、肘置きがやわらかく、広く、肘を置いていても痛くなりません。

    細々とした椅子の各部位の角度調整が、こういったタイプの椅子ではできませんが、そういったものはもうお構いなしに柔らかい革張りの椅子本体が全身を受け止めてくれるので問題ありません。座高がとても高い場合は別かもしれませんが、頭も預けられます。

    そしてこういった椅子はさすがにお尻の痛みも緩和してくれます。特に痩せ型の人の場合、アーロンチェアなんかでも長時間座るとお尻が痛くなりますが、マネージメントチェアくらいになるといくら座っていても、椅子自体がふっくらしていて、痛くなりません。

    唯一気になるかもしれないのは、アーロンチェア、バロン、スピーナチェアなどとちがってメッシュでは無いので、そのぶん蒸れることくらいでしょうか。空調がきちんとしていればあまり気にならないと思いますが。

    ちなみにゲーミングチェアもDXRACER ゲーミングチェア DXR-BKNを使ったことがありますがここで紹介したような高級椅子と比べると、とにかく安定感が無いので、本気でゲームをしたかったらバロンかスピーナチェアあたりを購入したほうが良さそうです。

     

    一見するとゲーミングチェアは安定感がありそうですが、ソフトな部分が大きいだけで、骨格のフレームがとても細く弱いです。ゲーミングチェアの利点はヘッドレストが値段の割には安定しているので、頭を預けっぱなしのプレイスタイルなら重宝するかもしれません。

    そこそこ高い椅子はもちろん安い椅子よりも優れていますし、腰痛や肩こりもマシにはなりますが、それでもどこか中途半端で、体の不調もどんどん増えていきます。どうせならできる限り良いものを買って一生使ったほうが、いくつかの椅子を試して変えるより、結局はお買い得でしょう。

    試座などで体験してみないとなかなか購入できないでしょうし、各地の試座情報などをチェックして試してみるのをお勧めします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    指サックも地味ながら語学学習にとても役立つ道具ですが、こちらの電気治療器も非常に助けになります。

    語学学習というと結局時間をかけてなんぼというもので、かけた時間と集中力がすべてです。楽な道なんてありません。他のところにも書いていますが、語学学習の厄介なところは、軽く勉強するくらいだと実力の低下を防ぐ程度で実力が伸びません。どれだけ忙しくても一日のうち最低でも一時間くらいは時間をかけなければ語学力が下がるのをおさえることくらいしかできません。

    ですので、早めに仕事が終わった日などは2時間から3時間、学生や休日なら8時間以上毎日勉強することもあるかと思います。そこで起こる重大な問題は肩こりと腰痛、背中の痛みです。

    ストイックアピールみたいで恥ずかしいのですが、大学生の頃は20時間くらい一日に勉強していた時期もあったので、とにかく座りっぱなしで酷い肩こりと腰痛に悩まされました。そこでの解決方法はジョギングで、ジョギングさえすればほとんど回復するようになりました。ただ30代になってしばらくすると、ジョギングをしても忙しくてずっと座っている場合は肩こりや腰痛が治らなくなってきました。

    そこで購入したのがこの電気治療器で、腰痛や肩こり、背中の痛みは嘘のように無くなりました。痛みで夜眠れない事も多く、仕事も痛みでまともにこなせず、整体に行く時間もなく解決手段が無かったところに救世主となってくれました。

    パッドを張る場所を変えれば全身どこでもマッサージしてもらえますし、動きのバリエーションも豊富です。叩いてもらっている効果や、もんでもらう効果など、整体に行ったような効果が得られます。整体によっては無駄にただ痛くするだけだったり、骨にダメージを与えたりと、整体や接骨院のせいで余計に問題が大きくなる事もありますが、この治療器でそうった問題は絶対に起こりません。

    強さの設定範囲がだいぶ広く、最大の20まで強さをあげることはほぼありません。パッドの粘着力が下がってくると、そのぶん力が弱くなって、強さの設定をあげる必要がありますが、それでも20まで設定をあげたことは一度も無く、せいぜい15くらいです。

    海外暮らしでパッドを買い換えることが出来ないのですが、パッドの粘着力が下がってへたっているものの、ガーゼなどを貼るテープでパッドをくっつけたりすればだいぶ長い間使うことができるので、パッド代を節約する事もできます。パッドは日本だととても高いので買い換えたいのに買い換えられないという方もいらっしゃるかもしれません。もし海外のアマゾンを使ったりすることがあるのなら、その際についでに買うとだいぶ安く買えます。アメリカのamazonなら、日本では1300円のパッドが一つ当たり200円で買えます、6分の1以下ですね、まったく同一のものでは無いと思いますが。

    語学書のブログでなんで電気治療器やねんという話かもしれませんが、私が知る限り外国語をまじめに勉強している方々はたいてい肩こりか腰痛もちなので書いてみました。整体に行かずにすんで、時間もお金も(パッドをうまく工夫すれば)節約できるのでかなりお勧めです。





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    テキスト読み上げソフトが最近どんどん改善されてきていて、外国語学習の補助として使えるようになってきました。ニュースのテキストや自分が好きなwikipediaの項目などを音読してもらって、外国語学習の手助けをしてもらえます。あくまで補助的なもので、重点をおくものではないと意識しなければいけませんが。

    昔はこういったサービスはあまり実用的ではなくて、ロボ的な、極めて人工的な音声であまりにも自然発話とはかけ離れていました。

    もともとこういったプログラムの根本は様々な命令にあって、「こういう時はこう読む」というルールのようなものをこと細かく色々決めて、そのルールに則ってコンピューターが読み上げるような感じでした。ただここのところこういった手法は消えて、膨大なデータベースから発音パターンを流用するような形に落ち着いています。

    このデータベースの大きさや質、それを流用する方法の整備などが、こういったテキスト読み上げのレベルを上げますがどうしても英語がリードしています。英語の研究者も多いですし、こういったサービスに従事している人も多いので、他の言葉の読み上げレベルと比べて英語が圧倒的に優れています。次いでフランス語、ドイツ語、日本語あたりでしょうか。

    オンラインのフリーサービスで十分使えるものがあるのでいくつか挙げておきます。

    INOVA
    https://www.ivona.com/
    英語はもちろん、ロシア語やトルコ語など多くの外国語の読み上げまでしてくれます。
    読み上げのスピードは変えられません。発音の質はかなり良いです。

    ImTranslator.com
    http://text-to-speech.imtranslator.net/speech.asp?dir=en
    こちらも英語から、ロシア語、韓国語やその他いろいろ、発音の質も良いです。読み上げ速度を変更できるのも助かります。

    IBM Watson
    https://text-to-speech-demo.mybluemix.net/
    基本的に上記の二つと似たような感じですが、音声ファイルとして保存できます。

    こういった読み上げサービスの発音は単語それ自体の発音は良いのですが、どうしてもイントネーションがおかしくなりがちなので、あまり聴きすぎて変なイントネーションで発音しないように気をつけなければいけません。

    私はこういったサービスで作った音声ファイルを聞くのはジョギング中や、単純な仕事、たとえば簡単なデータ解析だとか、プログラミングしている最中だとか、メールをひたすら書いている時です。音声ファイルのもとになっているのはwikipediaの言語学関連の項目や、論文です。論文を聞けるっていうのは実はなかなかできないことですし、とても助かってます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    今や生活を変えたと言ってもいいSNSですが、言語を学ぶために有効活用できます。ものにもよるのですが、自分が学んでいる外国語の母語話者と友人になって添削やレッスンをお願いできます。そういった場合はこちらも日本語を教えてあげるような関係だと長続きしやすいですし、信頼関係を築きやすいです。

     

    そういった友人をSNSで見つけるための方法は色々あると思いますが、日本好きが集まるSNS内のグループやコミュニティにいる人たちは将来の友人になってくれる可能性が高いかもしれません。

     

    またtwitterfacebookでネイティヴの人の投稿を見るようにするのもよい訓練になります。これらのサイトでの投稿というのはとても口語的で、それゆえに試験対策にはなりませんが、生きた言葉という意味でコミュニケーション能力を向上させることが可能になります。

     

    その他にも語学学習目的のSNSや言語交換を主としたSNSも存在するのでそういったところでネイティヴをつかまえて勉強できます。interpalsというサイトなんかは登録者も多く色々な国の人たちが利用しています。

     

    私の場合は親類にロシア人がいるのでわざわざSNSで探す必要は無いのですが、ロシア語を学習する場合はVKが特にお勧めです。

     

    VKはユーザー数もとても多いSNSですし、上記のような日本文化に関連するコミュニティやグループが多く、比較的簡単に友人を作ることが出来ます。また動画やファイルなども色々とあり、ロシア語で書かれた、自分の専門分野に関する動画や文書ファイルは学習に向いているでしょう。

    VKはロシア語学習者以外も使えることが多く、様々な情報が満載でとてもカオスなインターネット体験ができるので多くの方々にお勧めしたいです。とにかくめちゃくちゃで面白いです。

     

    昔はネイティヴの助け無しで、自国で作られた教材で外国語を学んでいましたが、今はネイティヴの助けを借りることでより実践的でより正確な学習が可能になっています。実際に会って学べたらそのほうがもちろん良いのですが、それにもお金がかかったりと色々難しさがあるので、とりあえずはSNSを使ってみることをお勧めします。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    多くの人を悩ませるイギリス英語ですが、私も最初イギリスに行ったときは驚くほど理解できませんでしたし、多くの留学生が困っていました。

    原因はいろいろあるのですが、代表的なものは発音の違いとスラングの多さでしょうか。

    特に発音ですが、ピッチの動き方から子音、母音などなど地方によって大きく異なります。

    日本でもたとえば東北では「寿司」が「すす」に近い音で発音される事があります。これは日本人でもわからない時もありますし、外国人からしたらかなり難しい単語になります。イギリスでは方言の差も種類も比較的多いので、外国人はとても苦労します、特に北部で。

    イギリス英語がわからない、というのは日本人だけではなくて、ヨーロッパの英語学習者たちもイギリス英語がわからないとよく言っています。

    しかしヨーロッパの人たちのほうがアジア人よりもイギリス人と意思疎通はうまく出来ていることが多いです。理由の一つは、言語の類似性、もう一つはジェスチャーや言葉以外の補助が似ているからでしょう。こういったことに関する論文もあるのでしょうが、今のところ読んだことがありません。なので確証はないのですが、同じようなTOEFlやIELTSの点数でもヨーロッパ人とアジア人の間にコミュニケーション能力の差は明らかにありますし、それがなぜなのかと考えると、言語の類似性やアイコンタクトなどの言語以外のコミュニケーション要素が関係しているように思えます。

    また、話題となっている事柄についてただ単純にしらないということもあって、政治の話をすることが多いのですが、そこで名前にあがる政治家の名前や、政治的な出来事を知っていないとわかりません。

    イギリス英語を聴くのはうまくいかないけど、読むのはできるはず、と思われるかもしれませんがこれも意外と難しいです。フェイスブックでイギリス人のフレンドがたくさんいますが、彼らの投稿を完璧に理解できることはあまりありません。フェイスブックへの書き込みは普段の語り口調であることが多いのですが、方言の音声面が除外されていてもスラングや文法の省略など色々なものが混じっていてなかなか理解できません。

    音声面でもこれだけ難しいのに、フェイスブックですらわからないというのは相当なものです。こういった意味でとりあえずは何度も読み直せるフェイスブックでのイギリス人の投稿をもとに会話に慣れるようにしています。twitterで有名人の口語的な表現をフォローしていくのも良い手段でしょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨今人気のオンラインカードゲーム「ハースストーン」ですが、意外なことに外国語の勉強になるのでご紹介です。

    色々な方々が楽に語学を学びたい、楽しく学びたい、と思っているでしょうがなかなか良い方法がありません。一つの原因はまず効率の悪さです。たとえばスポーツを通して英語を学びたい、と考えてアメリカ人中心のサッカーチームに入ったとしてもプレイ中はほとんど話しませんし、単語もひたすらゴーゴー言っているだけです。これは極端な例ですしプレイ中以外にほかのプレイヤーと交流したりできるとも言えますが、趣味を通して語学を効率的に学べることというのはとても少なく、あったとしてもお金がかかることが多いです。

    そこでお勧めなのがこのハースストーンです。課金すれば強くなれるものの、勉強のためにゲーム内で強くなる必要はありませんし、課金しなくても無料で十分楽しむことができます。

    このゲームでどう外国語を勉強するのか疑問に思われるでしょうが、まず一つはカードの名前や効果です。このゲームはオンライン上のカードゲームでさまざまなカードを用いるわけですが、それらの名前を外国語で覚えることで単語学習になります。まだ発売されて間もないゲームなのでカード数が限られていて覚えられる単語もそこまで多くはないかもしれませんが、これだけヒットしていれば何年もどんどんカードが追加されていき、語学力をあげられるほどの語彙数になっているでしょう。

    人間の記憶は不思議なもので、覚える情報が多ければもちろん全てを覚えるのは難しいのですが、こういったカードのように情報が多角的になると記憶が深まり安易に覚えられます。たとえばカードの絵柄だとか、カードの強さ、そして自分でゲームで使用する経験、これら全てが多角的に記憶をサポートして独自の単語カードになります。

    ただしこのゲームはそこまで多くの言語に対応していないので、トルコ語といった言葉をこのゲームで学びたい場合はカード名は役に立ちません。

    そこで次の学習法を活用します、それはyoutubeのプレイ動画です。youtubeでHearthstone Frenchと検索すると色々とプレイ動画がでてくるので、あとはそのビデオの人のほかHearthstoneの動画を見ていけばよいフランス語の勉強になります。動画なので日本人が苦手でなかなか勉強の機会がないリスニング能力を上げられますし、自分がプレイしているゲームであれば背景知識があるので理解力もあがり、楽しく動画を見れます。

    背景知識がない事柄に関しては余計にわからなくなるものですが、逆に背景知識があれば推測でわからないところを保管でき、普段であれば聞き逃す表現や単語 も理解できます。聞いたことがあってすでに理解している表現や単語を何度聞いても成長は少ないのですが、このように背景知識の助けを借りて以前わからな かった単語などを把握できるようになると多くの経験値を得られ、成長します。

    他のゲームで英語を学ぼうと思い色々試してきました。Diablo, Elder Scroll, H1Z1などをプレイしてきましたが、全て勉強には向いていません。Elder ScrollなんかはNPCの英語音声がわりと勉強になるかと思ったものの、基本的には無言で剣を振っている時間が多すぎて勉強にならず、Diabloの文字チャットもlolとかfuckとかそういった言葉だらけで、H1Z1は音声チャットが出来て他のプレイヤーの英語音声を聞くことができますがなぜか全てのプレイヤーが吼えているだけのネット動物園になってしまい会話は不可能です。


    こちらが人間オンライン動物園の例です(ファミ通さんの動画のリンク)。ひたすらプレイヤーたちが叫び声をあげたりファッキューと言ってるだけでまったく勉強になりません。たまになら良いのですが、いつもこうです。

    これらの苦い経験から諦めていたゲームでの英語学習ですが、youtubeでのプレイ動画、とくにこのHearthstoneという新天地を見つけることができました。このゲームは頭を使うので、戦略的な話を動画投稿者はしますし、そういった話は語学を学ぶ上でとても為になります。無言の時間やfuckと連呼するような時間も無いので、ハースストーンのyoutube上のプレイ動画で語学を学ぶのは本当にお勧めです。

    Hearthstoneはオンラインのゲームですが同様のカードゲームでMagic The Gatheringがありますね。こちらは実際に紙のカードを使うゲームで、テキストやカード名でなかなか良い語学の勉強ができます。色々な言語で発売されていますし、ebayなどでカードのまとめ売りを安く買えば面白い趣向の単語カード集ができあがります。勉強用に買うわけですから強いカードは必要ありませんし、コモンの安いカードのまとめセットなどであればものすごい数のカードが5千円くらいで手に入るでしょう。テキストの文法も、用いられる単語も、TOEFLやGREに相当する知的なものなのでこちらもおすすめです。

    s-l1600
    こちらのカードコレクションが5000枚ほどで5000円程度で購入できました。カード名やテキストをうまくつかって単語カードとして使うととても面白いです。

    このブログのタイトルに「最強」という痛々しい単語が入っていることからも推測できるでしょうが、私自身とてもゲームが好きなので、ちょうど良い息抜き兼英語学習になっていてとても助かっています。試験対策や進学のための語学学習だとなかなかゲームでは対応しきれないかもしれませんが、軽く語学に触れておきたいという場合はお勧めです。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    今回は東京外国語大学言語モジュールのご紹介です。

    ネット上であったらいいのにな、と思うサービスとして、分からない母音や子音をクリックしたら音が再生されるものを求めていました。本で勉強している場合は、付録のCDを聴こうというは面倒くさかったり、聞きたい音一音だけ聴いたりするのは難しく一つ一つの子音や母音をきちんと把握できません。

    そこでとても有効なサイトがこの東京外大の言語モジュールです。これで無料というのがすごいですね。ものすごく充実していて、しかも多くの外国語と日本語の情報があります。

    ここで特にお勧めなのはIPAの子音のところで、主要な子音のほとんどを生の声で聴けて確認できます。自分が学んでいる外国語の子音がIPAでどう表記されるかを、参考書やwikipediaなどで確認して、その音をこちらで聴いて練習しましょう。

    このIPAのセクションの発音はとても綺麗で、色々な配慮がなされた録音である事がわかります。誰の声かは存じませんが、きちんとした言語学者の方でしょう。

    個人的によく参考にしているのが日本語とロシア語の発音のところで、日本語のアクセントのパターンや特徴など勉強になりますし、わかりやすくまとめられています。日本語を専門的に学ぶ留学生たちにも見てほしいです。

    特に充実しているのはこのモジュールでは発音関係ですがいくつか理由があると思います。

    まずはインターネットのブラウザ上で勉強する場合、クリックして音がでるというのが大きな利点なので、それも理由の一つでしょう。

    あとは言語学者と外国語学習者の間に微妙な壁があり、その壁が発音の学習環境の発展を妨げているからです。少なからず言語学者は世間の参考書とは違うかたちで、研究の成果を活かしやすい発音教育に力を入れたいと思っているでしょう。

    音声学や音韻論を学んだ人たちから見ると、参考書などの発音に関する説明は、わかりやすい説明ではあるものの、正確ではなく、ネイティヴには伝わらない可能性があると思えることが少なくありません。

    もちろん参考書の説明は間違っていません。紙面のスペースの都合や、発音にあまり時間をかけると学習者が飽きてやめてしまう可能性があること、などなど色々理由があると思います。

    それでも発音は一度クセがついてしまうと、矯正するのが難しいので、最初から強い志をもっている学習者はまず発音をきちんと学ぶと最終的には近道になります。

    語学の学習に行き詰ったと感じた場合は、息抜きもかねて別の視点から、こういったモジュールや発音関連の本、言語学の本などを通して学習自体を見つめなおしてみるのも良いでしょう。

    このページのトップヘ