言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

    書籍情報以外のあれこれ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    不思議なもので、外国語を研究していたり、外国語関連の仕事についている人たちは大体肩こり腰痛に悩まされています。語学関連以外の全てのデスクワークでもこれらの問題は深刻ですし、お尻もとても痛くなります。

    私も一日に20時間以上椅子にほぼ座りっぱなしということも多いので、色々な椅子を試してきました。これまで使ってきた様々な椅子の感想をまとめてみます。

    まずは筆頭なのがアーロンチェアですが、大きい椅子を海外から輸入しているということもあり、運搬のコスト等のためにあきらかに割高です。

    アメリカのアマゾンではアーロンチェアクラシック(Herman Miller Classic Aeron Task Chair)は8万4千円弱ですが、日本のアマゾンでは14万6000円です。
     

    実際は8万円くらいのものをこの値段で買おうというのもちょっと損した気分になりますよね。高級椅子とは言っても、そこそこの椅子な感じがしてきます。



    その点国産であれば、値段そのままの性能のことが多いです。もちろん量産体制を整えているか、材料をどういった所から仕入れているかとかにもよるので、なんともいえませんが、基本的にはリーズナブルです。

    そんな中でお勧めなのはオカムラのバロンとイトーキのスピーナチェアです。
    バロンのほうは11万円程度なのでお徳ですが、少し、腰の部分の出っ張りのせいか、「全身を椅子に支えてもらっている」という感覚が薄いので、スピーナチェアのほうが背中や腰の負担が少ないように感じました。そのぶんスピーナチェアのほうが高く14万円ほどします。ヘッドレストがついていてこの値段は、アーロンチェアと比べて、とても得です。(アーロンチェアの別売ヘッドレストは2万円弱)

    いずれにしても、そのへんの4,5万円くらいの椅子よりは段違いの安定感ですし、体の負担の軽減も普通の椅子とは全く別物です。

    品質や座り心地、腰痛や肩こりへの効果もアーロンチェアとほとんど変わりません。アーロンチェアは輸入による経費だけではなくて、ブランドとしても確立しているので、どうしても割高になりますが、基本的に椅子は値段相応です。高ければそのぶん間違いなく良いものになります。


    インスパインというコクヨの椅子も評判が良いのですが、これに関しては使ったことがありません。値段や国産品であることを踏まえると、バロンやスピーナチェアと遜色ないはずです。


    ↑インスパイア

    他にもオカムラのコンテッサの評判も良く、スピーナチェアと同じ価格帯です。



    ↑コンテッサ

    ヘッドレストがついていて頭を預けられる椅子が特に助かります。仕事のやり方にもよりますが、頭もしっかりとどこかに固定できたほうが背中、肩、腰の負担が減ります。アーロンチェアはヘッドレストが基本的に別売ですが、バロンとスピーナチェアに関しては最初からついているモデルがあります。

    こういった高級デスクチェアで大切なのは肘置きで、肘当て部に肘を置くことで自重を分散させて、体の負担も減ります。また、肘当ての大きさや柔らかさ、材質も大切で、ものによっては硬くて肘が痛くなるものや、面積が狭く安定して肘を乗せられないものがあります。

    高級椅子が安い椅子と違うのはその安定感で、重い三脚のようにどっしりとします。安定しているからこそ体を支えられますし、そのおかげで体の痛みから解放されます。

    アーロンチェアもそういった基準を満たしていますし、これまでに触れた椅子ならすべて問題ないのですが、ここまでに紹介した椅子たちの唯一の欠点はお尻の痛みは緩和されないということです。

    これに関してはもうどうしようもないというか、ここまでに紹介した椅子たちはあくまで腰痛や肩こりのためにデザインされた椅子たちで、お尻の痛みをケアできるようなものではありません。

    そこで一番良い椅子とも言えるのがハーマンミラーのEames Executive Work ChairEames Lounge Chair and Ottomanですが、とにかく高いです。

    前者が40万円程度、後者が50万円ほどしますが、これはアメリカで購入した場合の値段なので日本で買うとEames Lounge Chair and Ottomanは65万円します。

    もうここまでくると値段はどうでもよくなってきますが、国産でも同等のものがあります。それがコクヨ マネージメントチェア130で、37万5000円ほどの価格です。

     

    ハーマンミラーのEames Lounge Chair and Ottomanの日本版とも言えるものですが、非常に割安です。どっしりとした安定感が他にないほどで、どれだけ体格が良くても安心して全身をあずけられます。更に、肘置きがやわらかく、広く、肘を置いていても痛くなりません。

    細々とした椅子の各部位の角度調整が、こういったタイプの椅子ではできませんが、そういったものはもうお構いなしに柔らかい革張りの椅子本体が全身を受け止めてくれるので問題ありません。座高がとても高い場合は別かもしれませんが、頭も預けられます。

    そしてこういった椅子はさすがにお尻の痛みも緩和してくれます。特に痩せ型の人の場合、アーロンチェアなんかでも長時間座るとお尻が痛くなりますが、マネージメントチェアくらいになるといくら座っていても、椅子自体がふっくらしていて、痛くなりません。

    唯一気になるかもしれないのは、アーロンチェア、バロン、スピーナチェアなどとちがってメッシュでは無いので、そのぶん蒸れることくらいでしょうか。空調がきちんとしていればあまり気にならないと思いますが。

    ちなみにゲーミングチェアもDXRACER ゲーミングチェア DXR-BKNを使ったことがありますがここで紹介したような高級椅子と比べると、とにかく安定感が無いので、本気でゲームをしたかったらバロンかスピーナチェアあたりを購入したほうが良さそうです。

     

    一見するとゲーミングチェアは安定感がありそうですが、ソフトな部分が大きいだけで、骨格のフレームがとても細く弱いです。ゲーミングチェアの利点はヘッドレストが値段の割には安定しているので、頭を預けっぱなしのプレイスタイルなら重宝するかもしれません。

    そこそこ高い椅子はもちろん安い椅子よりも優れていますし、腰痛や肩こりもマシにはなりますが、それでもどこか中途半端で、体の不調もどんどん増えていきます。どうせならできる限り良いものを買って一生使ったほうが、いくつかの椅子を試して変えるより、結局はお買い得でしょう。

    試座などで体験してみないとなかなか購入できないでしょうし、各地の試座情報などをチェックして試してみるのをお勧めします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    食事や部屋の明るさ、温度に関しても、できる限り勉強の効率をあげるようなものに私はしていますが、そのきっかけになった本です。

    池谷先生は研究者としてもご活躍で、そういった背景もあってか、こういった本にありがちなエセ科学要素が一切ありません。当時の最新の研究なども踏まえて、誤解や誤情報に気をつけて、わかりやすく解説されています。

    「マイナスイオン」、「ブルーベリーは目に良い」、「水素水」なんてものもありましたが、こういった非科学的なことは絶対に書かれていません。それだけでもお勧めできるくらいです。

    記憶力を強くするための方法、というのも書かれていますが、記憶というものそのものの説明にもだいぶページ数が割かれています。記憶術のようなことがほとんど書かれていないのがとても好印象です。というのも記憶術と言われるものはそれぞれ問題もありますし、本当にこういったテクニックが必須というのはごく限られた状況です。

    例えば円周率のようなランダムで論理付けで覚えられない、長い情報の記憶くらいです。ほかの事は逆に、愚直に音読やカード、アプリを使って記憶していったほうが、後々の記憶の使い勝手がよくなります。

    記憶術関連の情報がのっている本は胡散臭い情報が多いですし、場合による使い分けといった細かいところまで言及されていないのでとても使いづらいです。例えばものを覚えるときに、その覚えたい物事に関連付けてストーリーを作り、そのストーリーにそって思い返していけば思い出していける、といったものです。円周率の記憶なんかで使っている人が多い手法ですね。

    ただし記憶術なんていわれているもののほとんどは語学と相性が悪く、例えば、英語の例文記憶に応用しようとすると、あまり役に立ちません。語呂合わせなんかもそうですが、「これは~だから~だったな」、という感じで、ただ思い出すだけでも、毎回記憶の変換作業のようなものが必要になります。「コックさんだから593年だな」という感じで即座に593年がでてくるわけではなくて、「コックさん→593」という変換作業をしなくてはいけません。

    単語や例文、熟語をこういった手法で覚えてしまうと、とくにリスニングで悲惨なことになって、その変換作業をしている間にどんどん音声ファイルは進んでいき、作業をしている間はろくに聞けていなくて追いついていけません。

    DUO3.0は本当に優れた参考書で、ほとんどケチをつけられないのですが、DUOで単語や熟語を覚えるとこういった問題に直面します。「in a rage ってなんだっけ?」→「mama yelled in a rageだったから、怒ってって意味だったな」という感じで、思い出すのに変に時間がかかることがあり、試験時間が足りなくなったりリスニングでおいていかれてしまいます。

    池谷先生のこの本に書かれているのは小手先のテクニックではなくて、根本的な話がほとんどです。根本的な力というのはなかなか伸びませんし、成長に根気と時間がかかります。しかし長い目で見れば、そういった実力が大きな結果につながってきます。こういったことや読みやすさ、情報もとの正確さなども含めて本当に良い本だと思います。

    そして私はこの本を読んでからスマドラ(スマートドラッグ)やサプリの世界に旅立ちましたが、そのことに関してはまたほかのところで。個人的にスマドラはほとんど効果を感じませんし、ぜんぜんお勧めできるようなものではありませんが、そのうち書いてみます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    指サックも地味ながら語学学習にとても役立つ道具ですが、こちらの電気治療器も非常に助けになります。

    語学学習というと結局時間をかけてなんぼというもので、かけた時間と集中力がすべてです。楽な道なんてありません。他のところにも書いていますが、語学学習の厄介なところは、軽く勉強するくらいだと実力の低下を防ぐ程度で実力が伸びません。どれだけ忙しくても一日のうち最低でも一時間くらいは時間をかけなければ語学力が下がるのをおさえることくらいしかできません。

    ですので、早めに仕事が終わった日などは2時間から3時間、学生や休日なら8時間以上毎日勉強することもあるかと思います。そこで起こる重大な問題は肩こりと腰痛、背中の痛みです。

    ストイックアピールみたいで恥ずかしいのですが、大学生の頃は20時間くらい一日に勉強していた時期もあったので、とにかく座りっぱなしで酷い肩こりと腰痛に悩まされました。そこでの解決方法はジョギングで、ジョギングさえすればほとんど回復するようになりました。ただ30代になってしばらくすると、ジョギングをしても忙しくてずっと座っている場合は肩こりや腰痛が治らなくなってきました。

    そこで購入したのがこの電気治療器で、腰痛や肩こり、背中の痛みは嘘のように無くなりました。痛みで夜眠れない事も多く、仕事も痛みでまともにこなせず、整体に行く時間もなく解決手段が無かったところに救世主となってくれました。

    パッドを張る場所を変えれば全身どこでもマッサージしてもらえますし、動きのバリエーションも豊富です。叩いてもらっている効果や、もんでもらう効果など、整体に行ったような効果が得られます。整体によっては無駄にただ痛くするだけだったり、骨にダメージを与えたりと、整体や接骨院のせいで余計に問題が大きくなる事もありますが、この治療器でそうった問題は絶対に起こりません。

    強さの設定範囲がだいぶ広く、最大の20まで強さをあげることはほぼありません。パッドの粘着力が下がってくると、そのぶん力が弱くなって、強さの設定をあげる必要がありますが、それでも20まで設定をあげたことは一度も無く、せいぜい15くらいです。

    海外暮らしでパッドを買い換えることが出来ないのですが、パッドの粘着力が下がってへたっているものの、ガーゼなどを貼るテープでパッドをくっつけたりすればだいぶ長い間使うことができるので、パッド代を節約する事もできます。パッドは日本だととても高いので買い換えたいのに買い換えられないという方もいらっしゃるかもしれません。もし海外のアマゾンを使ったりすることがあるのなら、その際についでに買うとだいぶ安く買えます。アメリカのamazonなら、日本では1300円のパッドが一つ当たり200円で買えます、6分の1以下ですね、まったく同一のものでは無いと思いますが。

    語学書のブログでなんで電気治療器やねんという話かもしれませんが、私が知る限り外国語をまじめに勉強している方々はたいてい肩こりか腰痛もちなので書いてみました。整体に行かずにすんで、時間もお金も(パッドをうまく工夫すれば)節約できるのでかなりお勧めです。





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    テキスト読み上げソフトが最近どんどん改善されてきていて、外国語学習の補助として使えるようになってきました。ニュースのテキストや自分が好きなwikipediaの項目などを音読してもらって、外国語学習の手助けをしてもらえます。あくまで補助的なもので、重点をおくものではないと意識しなければいけませんが。

    昔はこういったサービスはあまり実用的ではなくて、ロボ的な、極めて人工的な音声であまりにも自然発話とはかけ離れていました。

    もともとこういったプログラムの根本は様々な命令にあって、「こういう時はこう読む」というルールのようなものをこと細かく色々決めて、そのルールに則ってコンピューターが読み上げるような感じでした。ただここのところこういった手法は消えて、膨大なデータベースから発音パターンを流用するような形に落ち着いています。

    このデータベースの大きさや質、それを流用する方法の整備などが、こういったテキスト読み上げのレベルを上げますがどうしても英語がリードしています。英語の研究者も多いですし、こういったサービスに従事している人も多いので、他の言葉の読み上げレベルと比べて英語が圧倒的に優れています。次いでフランス語、ドイツ語、日本語あたりでしょうか。

    オンラインのフリーサービスで十分使えるものがあるのでいくつか挙げておきます。

    INOVA
    https://www.ivona.com/
    英語はもちろん、ロシア語やトルコ語など多くの外国語の読み上げまでしてくれます。
    読み上げのスピードは変えられません。発音の質はかなり良いです。

    ImTranslator.com
    http://text-to-speech.imtranslator.net/speech.asp?dir=en
    こちらも英語から、ロシア語、韓国語やその他いろいろ、発音の質も良いです。読み上げ速度を変更できるのも助かります。

    IBM Watson
    https://text-to-speech-demo.mybluemix.net/
    基本的に上記の二つと似たような感じですが、音声ファイルとして保存できます。

    こういった読み上げサービスの発音は単語それ自体の発音は良いのですが、どうしてもイントネーションがおかしくなりがちなので、あまり聴きすぎて変なイントネーションで発音しないように気をつけなければいけません。

    私はこういったサービスで作った音声ファイルを聞くのはジョギング中や、単純な仕事、たとえば簡単なデータ解析だとか、プログラミングしている最中だとか、メールをひたすら書いている時です。音声ファイルのもとになっているのはwikipediaの言語学関連の項目や、論文です。論文を聞けるっていうのは実はなかなかできないことですし、とても助かってます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    英語圏は本当にランキングが好きで、その評価方法も含めて賛否両論ありますが、ある程度は参考になります。もちろんランクが低いもので優れているも多く、参考程度にしかなりませんが。たとえば大学ランキングもそれぞれの国の制度上の特徴や傾向を度外視していたり、学生の満足度といった学術と関連ない項目もランクに反映されてりするのでこういったランキングものの信憑性はそこそこです。

    学術誌のランキングサイト、SJRで言語学のジャーナルを検索すると、たいてい心理学系やコンピューターサイエンスに関連するようなものが上位にきます。ついで教育学系でしょうか。これは単純にこれらはほかの分野の人も読んで引用することが多いので、そのぶん引用数が増えてランクが上がっているだけです。音韻論や音声学、もしくは日本語学なんて硬派で正統派な分野は比較的引用数が減るのでどうしてもランクが下がってしまいますが、これらが心理学に関連した言語学より劣っているというようなことはまずありません。

    重要なのは、同分野内(言語学の尚且つ、例えば、第二言語習得理論)でのランクです。エクセルファイルに出力できるサービスまでついているので、これを利用してみてみたらよいかもしれません。

    ほかにも総合のランキングがどうなっているか、というようなことを興味本位で見てみたり、それぞれの分野や国別のランキングなどを見てみるのもそれなりに楽しいです。ネイチャー誌なんかは日本でも有名ですが、そこまで知られていなくてももっと高いランクのものやそれに近いランクのものもたくさんあります。

    最近は大学の教員の能力もgoogle scholarでの引用件数や、掲載された雑誌のランクなどでかなり可視化されていまっていますが、分野によって引用されやすかったり、ジャーナルのランクが高い分野と低い分野があるので、単純に比較はできません。

    ただ、コネだけで大学教員になったような人もいるかもしれませんが、今後はこういったサービスで教員の能力が示されてしまうので学生や一般の人たちからも簡単に実力を見抜ける時代になるのかもしれませんしそういった意味でこのようなランキングも良いのかもしれません。

    もちろん大学の教員にとっては教育も重要な仕事で、自分の研究ばかりで教育に一切力を入れない人もいれば、自分の研究を犠牲にして教育に力を入れる教員もいます。後者に関してはこういったランキングでどうしても損をしてしまいますし、ランキングのために大学での教育がおろそかになってしまう危険性もあります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    学会発表でポスターを作製することになって、はてさてどうしたもんだろうと思う人も多いでしょう。

    口頭発表もそうですが、パワーポイントなどのソフトがどんどんバージョンアップしてデザインや様々なオプションも進化しています。つまり定型といったものがどんどん変わってきているので、本やネットを通して今のスタンダードが何かを知る必要があります。

    この本はそう考えると少し古いのですが、もっと根本的な、心構えや書かれるべき内容などが記載されているので時代を超えていつまでも参考にできるという点で名著といえるでしょう。

    プレゼンテーションはおそらく日本人の多くの方が苦手とする分野ですが、その苦手分野をスポ根で励ましてくれるこの本は多くの研究者を奮い立たせてくれます。

    パワーポイントなどでの発表方法についての情報はいろいろなところにあると思いますが、ポスターは少ないでしょう。

    私自信ポスターをどう作るべきか色々と悩んだので、メモついでにこちらに記載しておきます。

    基本的にはパワーポイントで作成。学会のフォーマットに合わせたサイズにする必要があるが、基本的にはA1,もしくはA0。A1の大きさがどれくらいかあらかじめ把握しておいたほうがいいので、自分の手持ちのA4用紙を8枚ならべてA1サイズを作ってみる(A0ならさらにその倍の16枚)。分割印刷できるプリンタや、分割印刷補助ソフトを使えば、ためしに作ったファイルをA4複数枚で印刷可能。最後の印刷前になるべくこういった手段で印刷して、実際のポスターサイズで見やすいファイルになったか確認。

    フォントは一番小さくても24、できれば28くらいで、Arial unicode MSやゴシックフォントなどをなるべく使う。ただし字数を稼ぎたい、たくさん書きたい、という場合はTimes New Romanが狭い範囲にたくさん書ける(見づらくないか検討しつつ)。

    イントロ、メソッド、結果、議論+結論を書いて最後に参考文献一覧と謝辞。

    参考文献一覧と謝辞はスペースがどうしても無い場合は削除するのもあり、だけれどもなるべく削除しないように。削除したいくらいのときは22くらいの小さめのフォントサイズにここだけしてしまうのも可。

    ポスターでの発表の場合は貼る場所がとても重要。大きい部屋だとしたら、一番奥の尚且つ外側はあまり人が来ない。スーパーマーケットのような感じである程度人の流れ方が決まっているので、どこに一番人が来るかを考えてなるべくそこに貼る。

    ポスターのプレゼンでだいたい最初に聞かれるのは、簡潔に言うとどういう内容?というものなので、あらかじめ簡潔に説明する原稿みたいなものを用意しておいてまるおぼえしておくと楽。

    内容をとにかく簡潔に、分かりやすく、チラっと見ただけでもわかるように書く。無駄な情報は省く。欲張って報告できることを全て報告しようとしない、重要なものだけ3つ程度。

    連絡先を書くのを忘れずに、それと持ち帰ってもらうようの印刷を20部くらい作っておく。ポスターやプレゼンは自分の研究を宣伝して、売り出すところ。

    英語での質疑応答で伝わらなかったり、ぎこちないとそれはそれで問題なので、英語で予測される質問のリストをなるべく多く作っておいて、それに対する返答の練習もしておく。なるべく簡潔に、そして明確に。できればそういった質問リストにたいする返答も録画して、聞き取りづらい英語になっていないか、わかりやすい内容かチェック。

    こんなところでしょうか。ネット上でも良い例悪い例、色々と見られるのでぜひともチェックしたいですね。こちらの本にも書かれていますが、発表の前は発表練習をします。やり方としてはパソコンのカメラを使っての録画です。そこまで良いマイクがついていないので、声はあまり綺麗に録音できませんが、そのマイク越しでも明快に聞こえるようなハキハキした話し方がベストです。音声だけではなくて、映像も録画するのは挙動をチェックするためです。意外と変なクセがあったりして、例えば私の場合は立ちながら発表していると左右にふらふら動いてしまうことが多く、パソコンのモニターばかり見て聴衆に目を向けない傾向があります。こういったことをチェックするためにも録画がおすすめです。

    こういったことはこの本にも書かれていて、全てをきちんとこなせている研究者は小数ですし、必ずしも正しいといえる答えがないのも研究発表ですが、意識すればいずれ改善されていくでしょう。本当にすごいプレゼン力をもっている研究者もいるので、この本を超えたプレゼンをその後は目指していくと良いでしょうし私も目指しています。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昔流行った睡眠学習ですが、最近は関連グッズも発売されていませんし、書籍もここ数十年発売されていません。

    流行ったものの効果が無いということで見向きもされなくなりましたが、今でも睡眠学習についての研究は行われているようです。

    杉村太郎さんの英語学習本に影響されて、夜寝る際はmp3プレイヤーをヘッドフォンで聞きながら寝ていたのですが夢の中で変なザーザーとした雑音がうるさくなり、なんだろうと思いそのまま起きたら、それがmp3プレイヤーで聞いていた英語音声だったことがわかりました。眠りが浅い、起きる前の状態ですらただのノイズにしか聞こえず、声とすら認識しなかったので、この時に睡眠学習に懐疑的になりました。

    ただ、寝ている間に聞いても効果は無いのですが、私は寝入るまである程度時間がかかるのでその間無駄にならないという意味でやる価値があるように思えました。

    眠りに落ちる前というのは考え事をしていましたが、論文などの良いアイデアが思いつくことも無く、あまり有意義ではありませんでした。アイデアを思いつくことがあるのですが、冷静になると大して良いものではなく、起きていてきちんと資料をみながら考えている時のほうがきちんとした着想を得られます。

    そんなこんなで睡眠(に入る前)学習を改善しようと色々して得た結論は、まず音量をきちんと調節することです。ヘッドフォンも使わずスピーカーから聞いて、なおかつ耳をすませばきちんと聞き取れる程度の音量が睡眠の質を下げずベストでした。

    それと何を聞くかが大切で、一番よかったのはその日にシャドーイング、もしくは学習用に黙読したテキストです。記憶が新しいので、小さい音量でも聞き取れますし復習になります。


    このページのトップヘ