言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

    研究者用情報や書籍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    私はまだ研究者としては赤ちゃんのようなものですが、The Research Funding Toolkit: How To Plan And Write Successful Grant Applicationsといった本や、オンラインの情報をもとに色々考えてなんとか助成金ももらえるようになってきたので思ったことを色々書いてみます。

    大切なのは
    1:申請金額は必要最低限に
    2:誰にでもわかるように研究内容を書く
    3:ぱっと見て影響力がある、もしくは面白そうな研究だと思ってもらえるように
    4:見直しを何回もする
    5:誰か第三者にチェックをお願いする

    だいたいこの5つだと思います。

    まず最初の申請金額ですが、実験に使うパソコンやヘッドホンの購入も助成金で行おうとしたり、海外に滞在した場合の滞在中の食費や雑費まで申請するのは大きな問題です。実際にこういった用途のために助成金を申請する人もいるようですが、基本的には最低限必要なものを最低限の額で申請するべきです。

    渡航費であれば直行便や高い便ではなく、最安値のものにして、滞在のホテルもホテルではなく短期アパートにして、節約しようとしているところを見せたほうが心象が良いです。人様のお金でついでに豪遊しようという人は昨今ではたいてい落とされます。昔はそういうこともあったようですが。

    続いて2「誰にでもわかるように研究内容を書く」について。研究内容というのはたいていマニアックでわかりづらいものですが、それでも助成について審査する人がわかるように書くべきです。誰が審査するのかは不透明なので、その分野のきちんとした専門家を招く場合もあれば、研究者というだけで専門分野が異なる人々が審査をすることもあります。場合によっては企業や団体の非研究者の方々も審査に加わります。

    このように誰が読むのかわからないうえに、専門分野の知識も予測できません。ですから、誰にでもわかるよう、ご家族の誰かが例えばわかるように書くのが一番です。伝わらなければ結局意味がありませんから。

    続いて3の「おもしろそうな研究」だと見せるということですが、要するにキャッチーというか、専門分野が異なる人からみてもすごそうな研究だと示すことです。例えば従来よりも、このやり方であれば3倍くらい精度が上がる上に、コストも下げられる、といった具体的でわかりやすい長所を見せることです。「何かよくわからないけど、たしかにすごそう」そんな印象を持ってもらえるように、いかにすごいか、革新的か、社会に役立つかをやりすぎない程度に書きます。

    4:見直しを何回もする、というのも当然といえば当然ですが、欧米では何ヶ月にもわたって見直しをして、頭を冷やして見直すということもします。誤字脱字があれば、研究者としてたいしたことが無い、もしくはこの助成にかける熱意がたいしたことがない、という心象を与えますし、単純なことですが、きわめて重要です。

    5:第三者にチェックしてもらう、ということですが、これは4や2で書いた内容とつながっていて、本当にわかりやすいことを書けているか、自分では正しいと思って書いた内容が間違っていないか、こういったことをチェックするためにも誰か第三者にお願いするのが一番です。他分野の研究者に見てもらうのが一番ですが、場合によっては家族で十分です。

    最後に、もちろん大切なのは研究内容です。これまでに無かったような内容で、影響力があって、それを実行するだけの実力や計画性がある、そういったことを示すことが一番大事です。これについてはもうここで書けるようなことではないのですが。

    倍率が高いものになるとそう簡単ではないですし、コネや運も結果に影響するでしょう。それでも出し続ければそのうちきっと貰えるので、挑戦するたびにこれらの事を気をつけて、少しでも書類の精度を上げるべきです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こちらで紹介させていただいた「How to Write and Publish a Scientific Paper」は間違いなく歴史ある名著、長年君臨しているバイブルなのですが、新たに台頭してきた本がこの「English for Writing Research Papers」です。

    こういった種類の本では「How to Write and Publish a Scientific Paper」があまりにも大きな存在なので、とても意識した内容になっているという印象です。つまり、「How to Write and Publish a Scientific Paper」では扱われていないような内容、もしくは補足説明的なことが書かれています。なので、これら二冊を買うと非常にバランスがとれた知識が得られるというわけです。

    理系の研究者のための論文の書き方指南書は数多くありますが、たいていの本はありきたりの事ばかりにページが割かれ、それらのことは既に知っているという場合が少なくありません。そういった本に書かれているのは、ネット上でタダで手に入るような安い情報で、買ってもがっかりしてしまうことがほとんどです。

    たとえば単純に「受動態を避けろ」ということは本当によく色々なところに書かれていますが、研究者がほしい情報はそういった表面的なことだけではなく、もっと実践的でジャーナルに投稿する際に有益な情報です。

    この本ではただ受動態を避けろというような書き方をせずに、投稿しようとしている学術誌に掲載されている論文などから傾向をつかんで受動態などに考えると書かれています。実際に受動態は多くの論文で用いられていますし、どういった場合に用いられるかといったことを考えるべきです。

    他にもジャーナルの世界の生きた情報が満載で、例えば全ての結果や統計的な情報を書くわけにはいきませんが、どういったものであれば書くに値するのかということも言及されています。

    問題となる英単語についても色々触れられていて、例えばrespectivelyの使い方なども指摘されています。こういった問題を孕む単語として選ばれているものがどれもついつい研究者が使ってしまい、しかも実際に問題となっているようなものばかりで、とても深い実践的な知識が得られます。

    とにかく学術誌のための英語、論文の内容、ジャーナル対策など様々な深い情報が満載です。タイトルの「English for Writing Research Papers」からは英語の書き方を中心に扱っているという印象を受けますが、論文そのものの内容やチェックの仕方まで書かれていて、これ一冊で論文を学術誌に投稿できるレベルまで仕上げられます。

    英語圏に留学するメリットの一つは、研究の中心となっている英語圏での常識を知ることで、その常識から外れるほどにリジェクトの可能性があがります。ただ、留学していてもそこまで深い理解はなかなか出来ませんし、ましてや国内で論文を書いている場合は大きな形式上の間違いを犯していても気づかない事もありえます。そういった意味でもこの手の本は非常に有益で、購入する価値があります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    理系研究者にとって生涯ずっと重要なのが助成金です。分野によってはちょっとした額かもしれませんが、大金が動くプロジェクトも多数あり、そういった場合は助成金が不可欠です。

    言語学の場合は、もちろんどんなトピックかにもよりますが、大体旅費とデータをとるための実験や調査に参加した参加者への謝礼を申請することになり、30万円から100万円もあればジャーナルに掲載してもらう論文一本分がなんとかなります。

    切り詰めればもっと安くすませられなくもないので、切り詰めて自費、もしくは所属している大学からの研究費でなんとかしてください、という感じかもしれませんが、助成金は単なる研究費としてだけではなく、研究者の能力を示す指標としても重要で、様々なことに影響してきます。

    助成金をもらえばもらうほど研究者としての立場が良くなっていくので、履歴書にこれまで得た助成を書くのは必須ですし、ホームページに自分がこれまでに得てきた助成金の金額を細かく書く研究者もいます(やりすぎかも知れませんが)。助成金をもらう→助成金をもらっているので少し良いジャーナルに掲載されやすくなる→良いジャーナルに掲載されているので次の助成金をもらえる額や可能性が増える、といった魅力的なループがあります。

    そんなこんなで重要な助成金ですが、応募するにあたって、隠されたルールというものがたくさんあります。そのルールから外れていれば助成金を得られる可能性は低くなります。

    この本ではそのルールやどういった基準で助成の対象が決められるかを事細かに説明しています。また、実際に助成を得たプロジェクトの内容や、そのプロジェクトが応募の際に用いた要約なども見れます。

    助成金を得るために書く書類の数はとても多いですし、誤字脱字などは絶対にあってはいけません。入念に、わかりやすく、客観的にある程度のページ数を書くので非常に骨が折れる仕事です。こちらの本では助成の申請のために二ヶ月弱は時間をかけて準備しろと書いています。

    それだけの時間をかけても結局何も得られない可能性が高いので(助成金の倍率に関する情報まで書かれています)、時間を無駄にしないためにもベストを尽くし、より良いものにすべきです。

    応募書類を自分でチェックするのはもちろん重要ですが、他にも何人かにチェックをお願いするべきです。その際どういった人が適任か、どういったチェック項目が必要かということまで書かれています。

    こういった生きた情報というのは、助成金に関して、これまで無かったですし革新的な本だと思います。もちろん重要なのは研究内容ですが、せっかく研究内容が良くても、応募書類の不備で助成金を逃す可能性は低くないので、こういった本で十分準備をするのがベストです。運や政治的なコネなども結果に絡みますが、そんなことまでこの本には書かれています。

    内容はもちろん英語圏の助成金の審査が中心なのですが、日本でもそのプロセスはそこまで変わらないはずですし、日本国内の助成金の申請にも役立ちます。

    私も今現在、助成のための応募書類を書いているので、ベストをつくして今年一つはなにか助成が得られたらと思います。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    統計的な手法を用いなければジャーナルだけではなく、学会でも勝負できないような分野が増えています。言語学も欧米ではどんどん必須といっていいレベルになってきていて、なんとか統計を学ばなくてはいけないという状況です。

    言語学者には幸いにも"Statistics for Linguistics with R"というとても優れた本があるので、とりあえずこれを読めばたいていの言語学の分野である程度なんとかなるというのが実情でもあります。ただ、あくまでもなんとかなるという程度で、痒いところに手が届かないことが少なくありません。

    そこで頼りになるのが、STHDAというサイトです。
    リンクはこちら

    日本語で統計のことを調べても、かなり難しく書かれていてわかり辛いことが多く、むしろ英語でこういったサイトを参考にするほうがよいです。One-Way ANOVAをどういう時につかうと良いのか、t testをRでどうすれば実行できるのか、などなど、実用的な情報が非常にわかりやすく、見やすく、実例つきで載っています。

    おそらくはフランス語母語話者が書いている文章なので、英語もシンプルでわかりやすく、英語が苦手でも、下手に日本語の本やサイトで統計のことを調べるよりもわかりやすいです。

    言語学をやる人であれば上記の本と、このサイトだけでほとんどなんとかなります。グーグルで検索するより、このサイト内で検索したほうが手っ取り早いくらいです。

    言語学以外の分野では、その分野の人のために書かれた統計学の本や、サイトを探して、尚且つこちらのSTHDAを参考にすると良いでしょう。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    今の時代、ジャーナルで書くときの英文の構造というのは型が決まっていて、そこに内容をあてはめていけば論文を書けてしまいます。ある意味では英語力というものよりも、英語のテンプレート力みたいなものが求められているとも言えます。

    そんななかで参考になるのがこちらのサイト、Academic Phrasebankです。マンチェスター大学が提供しているサービスで、多くの研究者向けの書籍に掲載されているような例文集を無料で公開しています。しかも量がそういった書籍の例文を上回ります。

    科学論文のためのテンプレではありますが、さまざまな分野のジャーナルにそのまま使えます。

    どんなジャンルでも使える普遍的な、広く浅いフレーズばかりで、少し込み入ったことや専門とする分野でしか出てこないような表現をしたいときに使える表現はここには無いはずです。

    Academic Phrasebankである程度の体裁をととのえつつ、あとは自分の専門分野で使えるようなテンプレを、著名なジャーナルの同じ分野で尚且つネイティブが書いている論文から作り出してしまうのが個人的には一番良い手段だと思います。

    英語でジャーナルのために論文を書くのはスタイルの違いや、文法上のルールなど、色々な関門があるのですが上記の手法でたいていなんとかなります。

    ジャーナルに掲載されるための英語というのはある種のルールがあって、その暗黙のルールに気づいて、従うことができるかどうかが全てです。そのための第一歩となる大きなフレームをこのサイトで作り上げ、中くらいのフレームを自分の参考文献のなかから抜き取って、最後に肉付けしたら完成です。

    TOEFLやIELTSなどの試験対策ではややこしい構文や難しい単語をちりばめることで高得点がとれますが、そういったルールと全く違うルールに気づいていきたいですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    助成金というのは研究者はもちろん皆欲しいものですし、ただ単純に研究に役立つというだけではなくて、より良いポストのためにも重要です。引用数もそうですが、助成金をどれだけ得られたかも研究者としての資質を示すものです。人によっては自分のホームページにどれだけ助成金を得たか、場合によっては合計金額まで書いている研究者もいます。「私の戦闘力(助成総額)は53万ドルです」ってとこでしょうか。あまり自分で言わないほうがいいと思いますが。

    英語圏だと、どうやって助成金をゲットするか、というワークショップなどがあったりして、わりとスタンダードな書類の書き方のようなものがあります。研究は論文にしろ、こういった助成の為の書類にしろ、決まったフォーマットにそったものにしなければいけないので、要注意です。日本の助成の審査も基本的には変わらないと思います。

    そんな中で本まで出版されました。それがこの"The Research Funding Toolkit: How To Plan And Write Successful Grant Applications"です。

    ただ単純に書き方をどうしたらいいか、といったことだけではなくて、助成の探し方など幅広くカバーしてます。個人的には、グーグルでとにかく色々単語を変えて検索しまくるというのが、助成を見つける一番の方法だと思っています。学会のページや大学のページにも助成の情報はありますが、広い範囲をカバーしているものが多いです。たとえば人文系のための助成など。ただ、言語学のための助成というものの方が単純に競争率も低いことも多いですし、ある程度は運に左右されるのでたくさん助成の募集情報を見つける必要があります。そういったなかでグーグルはなんでも載っているので、時間はかかりますが、あまり知られていなくても優れた助成などを見つけられます。

    基本的にはやはり、教養のある人が読めばわかる内容で、尚且つ研究そのものが優れていると示すことができるかどうかが鍵でしょうし、そう書く能力というのは論文や学会でのプレゼンでも必須ですね。





    このページのトップヘ