言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

    日本語・語学学習書

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    これから日本語を始めるという人々にとって漢字というのは大きな障害のひとつです。

    日本人でもロシア語やギリシャ語の文字を見ただけで諦めることも多いと聞きますが、ロシア語やギリシャ語よりも日本語の漢字のほうがはるかに複雑で、数も桁違いに多いです。

    子供はとにかくつめこんでドリルのようなものをやればよいのですが、ある程度年齢を重ねると論理的に構造や規則を理解したほうが語学習得は容易になります。

    そこで重要なのが、漢字の成り立ちです。この 日本語にほんごチャレンジ N4・N5 [かんじ]  では丁寧にイラストつきで絵がどのように漢字に変化していったのかを教えてくれます。このように視覚的に漢字を覚えるというのはとても有効で、記憶にのこりやすくなります。

    こういった絵がついていて、きちんと必要な基礎語彙を選び出し、一冊の本にまとめるというのはとても難しく、そういった点でシンプルながらもこれに匹敵する日本語学習書はなかなかありません。

    日本語学習者は韓国人、中国人、ブラジル人が多いので、彼らの言葉や英語でも漢字の意味を書いているのもとても有益です。

    日本だからこそ買える本で、海外ではまず売られていません。是非海外でも出版してほしいですがそれは難しいと思うので、せめて日本に滞在中に購入してほしい一冊です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    同じ単語を文中で何度も使うと語彙力が貧しい印象を与えますし、文章がどうしてもつまらなくなってしまいます。そういった状況で役立つのが類語辞典で、角川書店の「類語国語辞典 」は卒業論文や、文芸作品の執筆などさまざまな場面で役立ちます。

    もともと類語辞典が役立つという話を聞いたのはアメリカ人の脚本家からで、ほとんどの脚本家は類語辞典をもっているとのことでした。論文執筆にも役立つと思って購入したら、まさに世界が広がったというか、同じ語彙を避けたいけどちょうど良いものが思いつかない、もどかしい時間が減り、よりスムーズに文章を書けるようになりました。

    物書きと言われる人たちには類語辞典で必須で、ライター業や、小説、ラノベ、漫画、論文、日本語を使う仕事なら何でも役立ちます。

    日本でも
    http://thesaurus.weblio.jp/
    こういったオンラインの類語辞典があるので、こちらも併用すると良いです。

    どうしても紙の辞書なのでオンライン類語辞典と比べると単語を見つけるのに時間もかかりますし、状況によってはオンラインのほうが適しているでしょう。より良い単語を探したいし時間がかかっても問題ない、という場合は併用が一番望ましいです。

    いくつかある類語辞典の中ではこの辞典が、ひきやすさ、語彙数などを含めてもっとも良いと思います。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    斎藤 純男さんのこの本では、タイトルには日本語とついていますが、さまざまな言語で用いられうる子音や母音の発生方法が学べます。つまるところはIPA、国際音声記号を体系的に分かりやすく解説しているということになるのですが、この本を通してIPAの読み方や発音方法を理解すると、特に子音に関しては、ネイティヴにかなり近い発音が可能になります。

    自分が学んでいる外国語の子音がIPAでどのように表記されるかをwikipediaや語学書で調べ、そのIPA記号の発音をどうすればいいかをこの本で確認し、練習をすれば例外的な発音を除いてかなり正確に発音できます。

    母音に関しては、何をすれば確実に特定の発音できるかという指標を与えられないために、難しいのですが、子音同様の学習方法で発音を改善できます。重要なのはこういった本とIPAの母音の図から舌の位置を調整することです。

    例えばフランス語のjeuneはジュヌというルビが参考書でふられることがありますがIPAではœで表記されます。shita

    上の図ではœが、強引な言い方をすると、「あ」と「え」の中間近くに位置していて、IPAのこの台形の図は舌の位置を示すので、舌を「あ」と「え」の中間あたりに動かしてくれば良いということになります。

    斎藤さんのこの本と東京外大言語モジュールのIPAのページの音声を参考にすると、理論上どんな言語の発音もできるようになります。



    このページのトップヘ