言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

    英語ライティング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本語では類語辞典のオンライン版はまだ充実していないので、どうしても紙媒体の辞典も必要になりますが、英語ではオンラインのものだけで十分です。

    http://www.thesaurus.com/
    こちらのThesaurus.comがまずはシンプルな使いやすいもので、見やすく類義語のみ列挙されます。ただし少し荒いというか、至極単純なシソーラスです。

    https://www.merriam-webster.com/
    お勧めなのはこちらのMarriam-Websterのサービスで、書籍版も非常に高く評価されています。
    ある単語で検索すると、その語のもつ意味をいくつか列挙し、その意味ごとに違った同義語のリストを見せてくれます。反義語や関連語も同時に表示されて、色々な候補から語彙を選択できます。

    https://en.oxforddictionaries.com/
    最後にこちらのOxford Dictionariesもおもしろく、口語的な類語も別項目で提示してくれます。アメリカ英語やイギリス英語に分けた分類をして示してくれるのも大きな特徴です。

    きちんと使うならMarriam-Webster、あまり時間をかけたくないならThesaurus.com、口語表現も含めたいのならOxfordという感じです。




    英語で文章を書く場合、同じ単語を繰り返して使うというようなことは避けたいですが、特にそれは英語で論文を書く際やライティングの試験の際に重要になってきます。

    TOEFLではたとえば採点ソフトが自動採点をしていますが、その採点基準に、使っている語彙の種類の多さも含まれているようです。

    500語近くの文章でTOEFLで回答した際に、あえて同じ単語を大量に使った場合、300語程度の回答と同程度のスコアでした(語彙の種類数が300語の文章と同程度)。また、同様に、500語で回答しできる限り違う語彙をちりばめた場合点数が一気に伸びました。用いられている構文はこれら2パターン内で同様で、文法ミスも差はなく、あくまで語彙の多様性のみ異なるように回答しました。

    単純に採点基準は総語彙数に基づいているのではなく、「どれだけ多くの語彙を使っているか」のようです。ここから文法のミスなどによる減点や、構文の多様性などによる加点で点数が決まっているようです。

    TOEFLはプログラムによる自動採点を採用しているのでこのように単純に対策できますが、英検やIELTSなどでも基準は同様かと思われます。採点者によって点数が異なると試験として致命的ですから、誰が採点しても同じ点数になるように、それぞれの試験で厳密に採点基準を設定しています。

    つまり、手っ取り早い対策としては、シソーラスなどを駆使して、普段から多様な単語を書けるアウトプットを鍛えることです。そしてGrammarlyなどで文法ミスをチェックして無くしていき、構文の種類に幅をもたせられるようにGREのライティング模範解答から構文を拝借してくれば、コンスタントに満点近くをライティングでとれるようになります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    国際的な活動をできた日本人の代表とも言える新渡戸稲造の名著です。

    そしてある意味では近代日本の最初の自己啓発的な本かもしれません。様々な名言がちりばめられています。パスカルのパンセが好きだった時期があり、似たような本を探していて出会った本です。

    個人的に好きなのは「武士道は知識を重んじるものではない。重んずるものは行動である。」なんてフレーズですが、武士道に関係しないような文章も多く、国際性や日本人について考えさせる名文が多くあります。

    新渡戸稲造の英語力や、英文のレベル、正確さなんていうのも気になる方もいるかもしれませんが、この本の英文のレベルはネイティヴのものです。当時の日本の英語教育のレベルは今よりもずっと低かったわけですし、辞書の質も相当低かったでしょうから、この本の英文は相当ネイティヴが校正、添削していると思います。冠詞の間違いすら、軽く見た感じ、見つかりませんし、オリジナルの文章ではないはずです。

    結局オリジナルの文章はわかりませんし、新渡戸稲造の英語力はわからないのですが、それはつまり、この本の英文はそのまま覚えて応用してしまっても問題文章だということですし、英語の勉強にとても有益です。

    "If there is anything to do, there is certainly a best way to do it, and the best way is both the most economical and the most graceful."

    なんて文章が、たとえば英語圏でも名文として扱われているようですが、こういった文章はとても記憶に残りやすく、覚えてそのままスピーキングやライティングに応用できます。

    英語の名文暗記はとてもメリットが多く、記憶に残りやすいというだけではなく、自己啓発にもなります。実際に文章を思い返して励まされる、というような直接的なことはあまりありませんが、無意識のうちに良い方向に人格形成をしてくれるのは確かです。

    もちろん英語学習は不要という場合でも、日本語の文章が非常に良いのでお勧めです。





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    このブログでは基本的に名著を紹介していて、どれも胸を張って良い本だと言えるものばかりなのですが、そのなかでも特に素晴らしい本というのがあります。この「How to Write and Publish a Scientific Paper」はその特にお勧めしたい本の一つで、まさしくバイブル、理系の研究者ならば必ず読まなければいけない本です。

    第8版ということからもお分かりいただけると思いますが、英語圏では必読の本として多くの研究者に支持されている本です。日本で知られていないというのが信じられないですが、これほど有益な本というのは無く、特に留学していない人たちにお勧めしたいです。

    この本では理系研究者に必要な研究活動のための情報が全て簡潔にわかりやすく書かれています。

    例えば研究者にとっては論文を投稿して、権威があるジャーナル、学術誌から自分の論文が出版されるということが目標の一つとなると思いますが、そういった際の査読のプロセスなどが書かれています。色々な暗黙のルールというのがどこの業界にもありますが、理系の論文を投稿する場合にどのようにカバーレターを書けば良いのか、どういったことが倫理上の問題となりうるのかといったことはなかなかわかりません。特に日本でずっと勉強していると気づかないような事もたくさんあり、そういった際に助けになります。どれくらいの論文が投稿されて、どれくらいリジェクトされるのか、といった生々しいことまで書かれていますが、多くの研究者が知りたい情報だと思います。

    どういったプロセスで査読が進められるのか、書き直しを要求されてもそれは問題ではないのか、書き直しをするべきか、断っても良いのか、などなど知りたい実情というものがリアルに書かれています。

    それと、学会などで発表する際にどうしたらいいのか、どのような流れか、といった事まで書かれています。英語圏やヨーロッパだとだいたい発表者の発表の仕方が似ているのですが、アジア圏からの研究者の発表だと、内容が良くても、形式的な面で少し変わったものに映るものも少なくなく、損してしまうことがあります。

    何度も再版していてしかも時代に合わせて細かく内容を書きかえるので、現在の版では研究者ようのSNSの使い方まで書かれていて、本当に隅から隅まで研究者に有益な情報が書かれています。

    語学書集のブログで扱うのにもふさわしく、アカデミックライティングや英文の書き方まで網羅しています。冠詞をどうしたらいいかといったことや、避けたほうが良い単語、そしてこちらのブログでも紹介している論文用例文サイトなどが書かれています。私の論文の英文がどれくらい優れているのかわかりませんが、もし仮に外国人としてはそれなりに良いアカデミック英語ならほとんどこの本のおかげです。

    この本があまりにも良かったので類似の、この本のなかで広告的に掲載されているアカデミックライティングの本も買ってみましたが内容が重複していたり、重複していない箇所はあまり重要ではないものだったりで、あまりお勧めできるものではありませんでした。それだけこの本が特別なのかもしれませんね。

    今でもバイブルとして、再版のたびに、年配の研究者も購入しているこの本ですが、「暗黙ルールがまとめられた本」と思っておけばよいかもしれません。学会や学術誌のルールというのは投稿の際にもちろん書かれていますが、あまりにも多くの書かれていない規則というものがあり、厄介なことにその裏のルールは時代とともに変わります。

    国際的に業績を稼ぎたかったら絶対買って損の無い一冊です。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    無料で大量に論文よう英文テンプレートを公開しているAcademic Phrasebankですが、有料版のPDFやキンドルが入手できます。(PDFはこちら、キンドル版はこちらで購入)

    主に理系の論文を英語で書く場合のテンプレとして有効で、これだけで論文が書けるようになるくらい多くの例文を網羅しています。理系だと論文のスタイルや、論文を構成する要素がだいたいどこでも同じなので、綺麗にカバーされています。

    有料版と無料版の違いは分量で、有料版のほうが20%ほど、体感ですが、例文量が多く、より広い範囲をカバーできるようになり、同じ表現の繰り返しも避けられます。

    そのほかの有料版のメリットは、見やすさです。レイアウトがホームページで紹介されている無料版と有料版では異なり、有料版のほうが個人的には見やすく感じます。なんといってもPDFなら印刷して読むことができるので、使い勝手が良くなります。

    このテンプレ集をつかい、以前お勧めしたGrammarlyを使って冠詞などをチェックし、ネイティヴが書いた参考文献から適切な語彙や表現を借りてくればほぼネイティヴ並みの論文を書けます。

    日本で出版されている、日本語で解説された英語の論文用例文集も良いものがありますし、解説のおかげで使いやすいですから最初はそちらで良いと思います。ただ、そういった本の例文をネイティヴにチェックしてもらうと、やはり非ネイティヴ的な表現だと言われます。

    ちなみに、IELTS、 TOEFL、 GREや英検でもテンプレというのは非常に有効で私が高得点をライティングでとれたのは、あまり誇れたことではないでしょうが、ほとんどテンプレのおかげです。それだけテンプレ作りは重要で、このAcademic Phrasebankも言うまでもなく試験用テンプレート作りに有効です。TOEFLなどの採点者はインターネット上で広まっているようなテンプレには見慣れてしまって、採点が厳しくなります。いろいろなことを踏まえて、自分で自分にあった、どんな場合でもカバーできて英語力をこれでもかと見せつけられるテンプレを自分で作るのが何より重要で、このAcademic Phrasebankはその第一歩になると思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    grammarly
    grammaly

    [画像をクリックしたら拡大版が見れます]
    Grammarly有料版がどのようにチェックしてくれるか確認するために、書きかけの例文をGrammarly有料版に添削させてみました。

    添付画像が見づらく、わかりづらいと思うので先に結論だけ書いておくと、無料版が見つけないような小さな問題を有料版は見つけてくれますが、たいていはそこまで問題とならない小さなものばかりで、実用性は無料版で十分、たまに有料版のアドバイスが役立つこともある、程度です。

    赤字で表示されているミスは無料版でも見つけてくれるミスです。
    冠詞に関するものや、コンマの後でhoweverにせず、ピリオドにしろ、というもの、a lengthen soundじゃなくてa lengthened soundだろというツッコミなど。
    これら無料版で見つけてくれるミスはだいたい、「はいすみません、たしかに間違いです」というようなものが大部分です。
    ただし、With respect to をonにしろともGrammarlyは評価していますが、これは間違いではないでしょう。For the reason that を becauseにしろという箇所も同様ですね。
    もしかしたら有料版ではこういった赤字で表示されるような重要な間違いというのを見つける数が多いのかもしれませんが、基本的にこういった間違いは無料版でも見つけてくれます。

    ここからが有料版でしか見つけないようなミスになりますが、灰色の字でそういったミスは表示されます。

    まずは「しょっちゅう使われる単語つかうな」という表記について(overused word)。ここではspecificって単語はやめといたほうが良いのでは?と提案されていますが、ここでこの単語を避けたほうが良いのかちょっとわかりません。

    あとはword pairという項目で、語の組み合わせが変という指摘です。ここではrhythmic knowledgeという表現が変なのでは?と指摘しています。ためしにグーグルで""をつけてこの二つの単語の組み合わせを調べると(完全一致するように)、ちょこちょこ私が意図していた意味で使っている人がいますが、あまり多くありませんし、ひっかかってくるものが外国人が書いたようなものも少なくありません。間違いという間違いではないかもしれないですが、ネイティヴから見たら少し変な表現になっている可能性が高いです。knowledge of rhythmにしておいたほうがよさそうです。
    この点が気になって後日ネイティヴにたずねてみたら、rhythmic knowledgeは変じゃないという事でした。難しいですね。

    ほかにはpassive voiceという項目もあって、受動態はやめとけ、と忠告しています。受動態は避けておいたほうが良いと言われることがよくありますし、学術誌なんかでも受動態にするとフレーズが無駄に長くなるから嫌がられることもあります。ただ、主語でIやWEを書くのを避けなければいけない状況があるので、必ずしもダメというものではありません。

    repetitive wordということで、何回も同じ単語使いすぎという、チェック項目もあります。これはたしかにその通りというケースもありますが、用語として定義付けられていて、それ以外の語を使うと変な場合もあるので、忠告どおりにしなくてもよい場合が多い気がします。たとえば水墨画について描いている文で、水墨画という単語が多いので代わりに「絵」とか「絵画」という単語を使え、というような忠告で、あくまでも水墨画についての文で、他の絵には当てはまらない内容の場合は「水墨画」という単語を使い続けるしかありません。

    possibly confused word: clashという項目については、専門用語のclashで、これに代わる語は無いのですが、間違っているのでは?と忠告しています。crushと書きかったのでは?と判断したのかもしれませんね。

    あとはwordiness「文が長すぎ」という警告も。ここは確かに長すぎて読みづらいですね。これは本当にダメです。テストなどで確実に減点される、というほどでも無いですが誰もが避けろというくらいの長さですね。ただし、どうしても長くなることはありますし、それで何か大きい問題になることはほとんどありません。

    そんなわけで、こうして見てみると、有料版にしかないチェック項目は別に間違いではない、もしくは間違いかどうか微妙なラインのものが多いです。個人的にはword combinationが変だという指摘はとても助かりました。逆にこれ以外の指摘に関しては、必須ではないようなものばかりだと思います。日本人でも注意すれば自分で気づくようなものが多いですし、間違いといえないものが少なくありません。

    ちなみにマイクロソフトのワードでもスペルチェックや文法チェックがあるじゃないかと思われる方もいるかもしれません。まず、ワードでは冠詞に関するチェックはありませんし、三人称現在形の動詞のsなんかも忘れていても直してくれない時がしばしばあります。ですので、英文チェックに関しては、無料版でもgrammarlyのほうが良いです。

    ここでの例はあくまでA4一枚程度の文の中での例なので、他にももっと為になるコメントが有料版にはあるかもしれませんが、無料版でも大差なく役立ってくれそうです。ここでの例以外にもかなりの量の英文を有料版で添削してもらってみましたが、有料版でよかったと思えることはほとんどありませんでした。

    受動態を避けろというアドバイスや、長い表現を短くするよう指示したり、とくにwith respect toをonにしろなんて言うのは、間違いなくこのGrammarly有料版が研究論文を意識したつくりになっているからだと思います。アカデミックライティングに書かれている英文の書き方の注意事項とまったく同じです。なので、研究論文を書くのなら有料版は特に良いかもしれませんが、逆に研究論文ではない英文のチェックなら、無用かもしれません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    無料のオンライン添削サービスは色々ありますが、その中で最も評判が良いのがこのGrammalyです。
    色々な賞をとったり、評価サイトなどで高得点をたたき出しています。最近はyoutubeなんかでも広告でよく出てくるサービスで、ネイティヴの英語話者も使っています。

    どれだけ英作文をやっても、三人称現在形の動詞のsを忘れてしまったり、ちょっとしたケアレスミスがあります。そういったものに関してはかなりの精度で探し出してくれます。

    日本人にとってありがたいのは、まず冠詞でしょう。多くの英語の試験、TOEFL,IELTS,やケンブリッジ英検では、冠詞についての点数の増減は基本的にありません。冠詞が母語で使われるかどうかで、冠詞の使用難易度が大きく異なるので、一般的にこういった試験の採点基準から外されてます。

    ただ、ある程度英語が書けるようになってくると、上を目指したくなってきますし、大学院入試のための論文や学術誌に投稿する場合は、冠詞も含め英文のレベルが高いほうがもちろん良いです。

    このサービスの冠詞の添削の精度もかなり高く、aかtheかどちらかだろうというような形で正解を示唆してくれます。すでに出てきている話題や単語ならtheをつかって初めてならaにすれば良いので、そういった場合の判断もわりと楽です。

    それ以外にも助かるのは複数形にするべきところが複数形になっていなかったり、コンマの位置がおかしかったりする場合でしょうか。

    海外のレビューサイトだと、なかなか好評ではありますが、複雑な英文やイギリス英語にしかないような用法などには対応できてないという記事や、添削したもののうち本当に間違いと言えるのは8割程度というような記事もあります。このサービスを利用する際には自分でもその添削が正しいかどうか、きちんと考える必要がありますね。

    ほかに問題と言えるようなものはあまりありませんが、有料版へのアップグレードを勧めてくるメールがちょっと多いです。設定でそういったメールが来ないようにもできるので、設定で変えましょう。有料版にするためには毎月もしくは毎年だったり、定期的にお金を払って使用するというやり方になっています。

    一ヶ月あたり40ドル弱、一年プランで180ドル弱と、なかなか商売上手な値段設定です。一ヶ月プランだと毎月4000円くらいですね。友人を招待することで少し無料で有料版が使えますが、迷惑メール扱いになったり、迷惑メールフォルダにすら入らないこともあります。それと招待してもブラウザがfirefoxだったりするとクラッシュしてしまったりでうまく使えず、しかも有料版が使えなかったり色々問題があります。ブラウザは私の環境ではchromeが一番安定してGrammarlyが使えます。

    ちょっと割高な気もしますが、しょっちゅう40%オフキャンペーンなどやっていますし、クーポンコードで40%オフのものがたくさんそのへんに転がってます。Grammarly coupon codeなどで検索すると色々でてきますし、問題なく使えそうです。私はキャンペーンの時に40%オフで一年購入しました。

    TOEFLでも自動採点システムがライティングで導入されていますが、おそらくこういったサービスが見つけるミスと同じくらいの精度だと思われます。言語学をやっている立場から見ても、これくらいが自動添削の限度で、意味にかかわるような事に自動添削はそうそうできないでしょうし、TOEFLの採点システムもそのへんは色々ごまかしてやってるはずです。英作文中の英単語を出来る限り多様にして、文法構造も色々なものをちりばめて、このGrammarlyでミスが見つけられないというような解答にすれば、どんな英語の試験でも、外国人向けのもの、つまりGREなどを除くと、ほとんど満点がとれます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    脚注の書き方や、参考文献の書き方など論文にはきちんとしたルールがありますが、分野によってそのルールが異なる場合が少なくありません。こういったルールにきちんと則っているかで論文の価値も大きく変わるのできちんとおさえておきたいポイントです。

    グーグルで"guidline" + "大きなジャーナルや学会の名前"で検索すると色々出てきます。"language"という単語をいれても良いかも知れません。

    言語学の例だと
    Language Style Sheet - Linguistic Society of America
    というのがあり、ここで色々見れます。フォントのサイズや、参考文献の書き方など。

    こういったことは細かいことなのですが、大学院入試の合否や、ジャーナルに投稿した論文がリジェクトされるかといった重要なことに絡んでくるので、なんとかこういった情報はそろえられるだけ揃えるべきです。

    このページのトップヘ