言語学者が選ぶ最強の語学書集(+語学学習法とか研究とか統計とか)

これまで数百冊の語学参考書を買ってきたので、特にお勧めできるものを言語学者の観点からご紹介。 語学書を活用する為の効率的な学習法や言語学の話題も。

    TOEFL

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本語では類語辞典のオンライン版はまだ充実していないので、どうしても紙媒体の辞典も必要になりますが、英語ではオンラインのものだけで十分です。

    http://www.thesaurus.com/
    こちらのThesaurus.comがまずはシンプルな使いやすいもので、見やすく類義語のみ列挙されます。ただし少し荒いというか、至極単純なシソーラスです。

    https://www.merriam-webster.com/
    お勧めなのはこちらのMarriam-Websterのサービスで、書籍版も非常に高く評価されています。
    ある単語で検索すると、その語のもつ意味をいくつか列挙し、その意味ごとに違った同義語のリストを見せてくれます。反義語や関連語も同時に表示されて、色々な候補から語彙を選択できます。

    https://en.oxforddictionaries.com/
    最後にこちらのOxford Dictionariesもおもしろく、口語的な類語も別項目で提示してくれます。アメリカ英語やイギリス英語に分けた分類をして示してくれるのも大きな特徴です。

    きちんと使うならMarriam-Webster、あまり時間をかけたくないならThesaurus.com、口語表現も含めたいのならOxfordという感じです。




    英語で文章を書く場合、同じ単語を繰り返して使うというようなことは避けたいですが、特にそれは英語で論文を書く際やライティングの試験の際に重要になってきます。

    TOEFLではたとえば採点ソフトが自動採点をしていますが、その採点基準に、使っている語彙の種類の多さも含まれているようです。

    500語近くの文章でTOEFLで回答した際に、あえて同じ単語を大量に使った場合、300語程度の回答と同程度のスコアでした(語彙の種類数が300語の文章と同程度)。また、同様に、500語で回答しできる限り違う語彙をちりばめた場合点数が一気に伸びました。用いられている構文はこれら2パターン内で同様で、文法ミスも差はなく、あくまで語彙の多様性のみ異なるように回答しました。

    単純に採点基準は総語彙数に基づいているのではなく、「どれだけ多くの語彙を使っているか」のようです。ここから文法のミスなどによる減点や、構文の多様性などによる加点で点数が決まっているようです。

    TOEFLはプログラムによる自動採点を採用しているのでこのように単純に対策できますが、英検やIELTSなどでも基準は同様かと思われます。採点者によって点数が異なると試験として致命的ですから、誰が採点しても同じ点数になるように、それぞれの試験で厳密に採点基準を設定しています。

    つまり、手っ取り早い対策としては、シソーラスなどを駆使して、普段から多様な単語を書けるアウトプットを鍛えることです。そしてGrammarlyなどで文法ミスをチェックして無くしていき、構文の種類に幅をもたせられるようにGREのライティング模範解答から構文を拝借してくれば、コンスタントに満点近くをライティングでとれるようになります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ある意味では最も良い問題集ともなり得るTOEFL Practice Online (以下TPO)です。
    $45.95、五千円くらい支払えば一回分、公式の試験問題が手に入るわけですが、一般の問題集と比べてとても高価です。一回分というと分量としてとても少ないです。実際の試験と全く同じものを受けられるというのは練習としては最善ですし、実試験よりは安いです。

    問題なのは、テキストや音声ファイルを保存できないことです。
    制作会社であるETSの「絶対にコピーさせないぞ」というものすごく強い意思を感じる作りになっていて、そう簡単には保存できません。Bandicamなどで強制的に保存もできるのですが…。保存してリスニングやリーディング対策にするということが公式的には出来ないようになっています。

    このTOEFL Practice Onlineをやる価値というのは、スピーキングとライティングの添削です。人間による採点ではなく、コンピューターによる採点ですが、これがほとんど実際の試験と同じ点数をきちんと示してくれます。ライティングなどはもともとコンピューター採点が部分的に行われているので、TPOは今の自分の点数をきちんと教えてくれます。

    ただしスピーキングの採点に関しては、音声の認識がプログラムの場合、それぞれの単語を100%理解するか0%理解するかという極端さとそれを何とか整える補助設定でなんとか帳尻を合わせている程度だと思うので、発音の仕方によっては実試験と点数が異なるでしょう。外国人の英語発音の特殊なデータベースを使ったプログラムによる音声認識であれば精度が上がるでしょうが、わざわざTPOのためにお金がかかるそういった作業はしないでしょう。

    本当に実際の試験形式そのままで出来るので模試としても優秀ですが、公式ガイドでも自分でほぼ実際の試験と同じような模擬試験を行えるので、なんとも難しいところです。

    それとTPOは一度模試をスタートさせてしまうと、もう一回模試をすることはできません。一回限りでこの値段です。

    TOEFL高得点のためならお金はいくらでも払える、というスタンスだとしても、とにかく量が少ないので模試目当て、もしくは今の自分のライティングとスピーキングの点数を把握したい場合以外は購入する必要はないでしょう。

    過去のTPOが再発売されることは、私の記憶では、あまり無く、再販されても若いバックナンバーのみで古いものはなかなか手に入りません。今現在最も新しいものはTPO25なので、過去のTPO1から全て手に入ればものすごく強力な、最強の対策集が出来上がるのですが。

    中国やロシアのインターネットは何でもあり、何でもある、無法地帯なので探せばあるでしょうが、倫理的な問題やウィルスの危険性があるのでお勧めしません。

    商魂たくましい?ETSさんが過去のものから全てTPOを販売してくれたら、結構な値段でも、購入する人は多いのではないでしょうか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    GREの参考書ですが、全ての試験のライティング対策に特別有効な本です。この本を有効活用するにはコツがいります。この本が真価を発揮するのはテンプレ作成です。

    個人的な意見を問うような英作文の試験ではどこでも使える作戦です。「初等教育で体育は不要だと思いますか?」といった個人的な意見を問う試験内容の場合テンプレで高得点を狙えます。TOEFL, GRE, 英検, IELTSなどなど使える場面は多いです。

    テンプレ作りのコツは「政治」「金」「時間」に関わる話題で骨格を作ることです。例えば

    「この考えは寡頭制のような状況では簡単に推し進められる。民主主義の国家でも人々は容易に扇動され、政治家に実りがあるこのプランはマキャベリ主義者ともいえる政治家に主導され推し進められるだろう。これは国民にとっては~良い、もしくは悪い~)」

    などという政治的なテンプレを作るとほとんどの問題文に対応できます。お金や時間の浪費などに関するテンプレも同様です。

    「初等教育での体育が不要かどうか」という例題と上記の政治テンプレを組み合わせると、テンプレの後に「初等教育で体育実技を拡大すればまずは運動に必要な土地を用意する必要があり、器具や教師の増員など莫大な金が動き、それは力がある政治家にとっては魅力的に映るだろうが、~~~」などと書いて帳尻を合わせます。

    あくまで作文の試験なので論理的にうまく構築されて辻褄が合っているかはそこまで考慮されません。テンプレは難しい語彙と構文で点数を上げるものではあっても、テンプレ以外の部分は点数を下げないように確実に間違いのない語彙や構文で埋めると良いです。

    上記のテンプレ例のポイントは「マキャベリ主義」や「寡頭制」といったあまり使わない用語がテンプレの中に混じっていることです。英作文でのポイントは使われている語彙の種類を増やし、語彙だけではなく構文のバリエーションを豊富にすることなので、このように難しい用語や構文をテンプレにいれておくと安全に点数が増えます。

    こういった語彙を選ぶ手段として有効なのが、この本のような豊富な解答例から、難しくても「政治」「時間」「金」に使えそうな語彙を見つけることです。構文も凝ったものを解答例から引っ張り出してテンプレに取り入れましょう。GREの語彙集の語彙を使うのも有効な手段です。

    今まで何十回も英作文のこういった試験を受けましたが「政治」「金」「時間」に関連したテンプレで対応できないものは一切ありませんでした。テンプレを作ったらネイティヴに見せてチェックしてもらい精度を上げましょう。

    こういったやり方で、TOEFLのライティングもほとんど満点、GREで4.5程度は取れたので、有効だと思います。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    TOEFLを受けるならばまずはこれ、TOEFL公式ガイドです。

    この本付属のCDで模擬試験を受ける事ができるので、本番の試験の形式を知る事ができます。一回の試験料が安くない試験なので一度は模試をするべきです。

    TOEFL対策の参考書の重要な点として、実試験に内容が近いかどうか、ということが挙げられますがこの本は公式なのでその点で安心できます。TOEFLは特に試験の枠組みがきっちりと決まっていて、文章量、リスニングの長さ、問題の中での会話の内容、語彙の難易度とその難易度の高い語彙の頻度などなど計算されつくしています。

    この本と同様に公式の問題というとTOEFL Practice Onlineがあります。こちらの模試でのライティングの採点はかなり実際の結果に近い採点がなされます。

    公式ガイドとTOEFL Practice Onlineすべてを、仮に何度もやりなおして読み込んだとしても量として十分ではないので他のDeltaやBarron'sの参考書もこなす必要があります。TOEFL対策をする際に関係のない参考書やラジオをひたすら聞くというやり方もありますが、効率の面で劣ります。

    模試としての価値以外にこの本の価値があるかどうかというと、無いかもしれません。スピーキングやライティングの採点基準など重要な情報も掲載されていますが、詳細に書かれてもいませんし、日本のネット上にいくらでもある情報ばかりです。

    試験の採点基準や情報というのも試験対策として重要ですが、これを知る上でとても役立つのがYahoo Chinaなどの中国の検索エンジンです。中国はインターネット人口が日本の何倍も多く、情報も何倍もあります。グーグル翻訳などを駆使していろいろな情報を集められます。とくにGMATやGREといった、日本では受験者が少ない試験に関しては日本語ではほとんど情報を集められません。そういった試験対策も中国の検索サイトやYahoo Chinaで検索です。

    TOEICは不思議とアジア圏で人気の試験なのでこれらも中国にいくらでも情報があります。形式自体は単純な試験なので、情報はそれほど重要ではありませんが。

    情報はネットで、問題集は公式から、そして足りない分を公式に近い内容の問題集で補足して、数多く反復してこなしていくのが近道です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    TOEFLの単語帳といえば神部 孝さんのこの本です。IELTSの対策としても同様に使えるので、単語帳が不足しているIELTS受験者にとっても心強いです。

    TOEFLやIELTSでは大学受験よりもう一段階上の語彙が多く用いられるので、そういったものをおさえるためにもこの単語帳は非常に有益です。

    特にこの本が優れているのは実際に試験に出うる語彙のみを、適切なランクわけで紹介しているところです。おそらくはTOEFL Practice Onlineや公式問題集など全て、オフィシャルな情報を集めて統計的にきちんと取り扱っていると思われますが、見事に試験に実際にでる単語ばかりです。

    また思わぬ効果として日本の大学院受験対策にもなります。東大、京大、一橋、慶應、早稲田、上智などの大学院を受験する場合はたいてい英語の試験がありますが、そこで出る語彙とTOEFLやIELTSの語彙が実によくかぶります。

    IELTSもTOEFLも大学院で学びたい外国人向けの試験という側面がありますし、大学受験よりもう一段階上という意味でもちょうど良いのです。問題製作者はたいてい何か既存のテストを参考にしますが、多くの場合TOEFLやIELTSの問題が日本の大学院受験の問題では参考にされているようです。

    大学院受験の語彙は大学受験より難しいので、英検一級対策の単語帳を使っている受験生を何人も見ましたが、覚えるのも難しく尚且つ大学院の試験では出ない単語がほとんどなので要注意です。英検一級の語彙問題対策本はGREとかぶっているので、TOEFL,IELTS、大学院受験とは出る単語の層が異なります。

    語彙の記憶に時間をかけすぎるよりも、リーディングやリスニングを通して語彙を増やしたほうが時間効率が良い場合が多いのですが、大学院受験の場合語彙力が重要なので、対策としてこの本に重点をおくのもよいでしょう。

    TOEFLやIELTSもやることが多いので、この単語帳の高ランクの語彙を完璧記憶せずとも、時間はそれぞれスピーキングなど他の対策に割いたほうが良いかもしれません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    英語の巨人、いつでもオープン、人間コンビニエンスストア青谷正妥先生の著書です。TOEFLやIELTSで高得点を狙う方、英検1級を目標としている方にお勧めです。

    青谷先生といえばTOEFL満点ということで有名です。日本で生まれ育った者にとってはすさまじく高い壁なわけですが、その壁を越えるためには普通というものを超越する必要があります。青谷先生の姿勢はとにかく努力努力努力ですが、普通を超越した努力というもののあり方をこの本では知る事ができます。

    多角的に英語学習について語られているのですが、個人的には青谷先生の勉強法方や考え方を知る事ができたのが一番の収穫でした。日本に数人もいないTOEFLiBT満点取得者ですから、そういった人の自論を読めるというのは貴重です。

    見えてこないゴール、睡眠時間を削って学習する中で蓄積された疲れ、出願までの時間制限、などなど色々な苦境の中でTOEFLなどの対策をする人が大半だと思いますが、私自身そういった状況で青谷先生の言葉がどれだけ励みになったか、言葉にできません。

    私の場合はこちらの本だけではなくて、先生のTOEFL説明会にもお伺いしたので、先生の人柄なども少し知る事ができて「おもろい」人やなと思いました。

    名著というのは本自体もちろん面白いですが、不思議とたいていその著者も人間的に魅力がある人たちばかりです。武将に興味をもって歴史に詳しくなるように、語学界の面白い人たちに興味をもってそこから語学の世界を広げていくのも楽しみ方の一つでしょう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    杉村 太郎さんのスポ根英語啓発本です。

    多くの人はTOEIC, TOEFL, IELTSなどの試験を働きながら受験すると思いますが、相当な苦労をします。

    人間何もしないとどんどん忘れていって語学力が衰えていくのですが、働きながら語学を勉強する場合その衰えを止めるので精一杯です。つまり成長しません。

    そんな状況で成長するためには相当な苦労をして勉強することになりますが、その苦労のやり方をこの本では教えてくれます。

    例えば寝るときに、寝入るまでの時間を無駄にしないように、リスニング教材を聞きながら寝るという方法を杉村さんは実践しています。そういったスポ根的な努力無しでは働きながら英語試験で高得点は得られません。

    その他にも、スコアを上げる為に、食事を記憶力アップの食事中心にしたりと、点数の為なら何でもやる杉村さんです。司法試験の勉強をしていて六法全書を食べた人の話しなんかもありますが、それと同じくらいの気概が無ければTOEIC900, TOEFL100点は、特に働きながらだと、到達できないのです。

    よく「勉強しているのに点数がのびない」と愚痴をこぼす人がいますが、たいていの場合は単純にかけている時間や努力が足りないように思えます。ある程度の努力を超えなければ、点数を落とさない程度にしかならないので、この本でどれくらいの覚悟と労力が必要かを学ぶと励みになります。

    私自身働きながらTOEFL100点、IELTS7.0を超えましたが、杉村さんのように一心不乱に勉強してなんとかヘロヘロになりながらのスコア到達でした。この本に書かれている杉村さんの生活に負けない生活を続けたという自負もありますし、それをやり遂げたおかげで自分には何でもできるくらいの気持ちのゆとりができました。仮想杉村さんと切磋琢磨した日々でした。そういった意味で数少ない英語の自己啓発本としての名著ですし、皆さんにも仮想杉村さんと競い合って欲しいです。

    若くして亡くなられた杉村さんですが、多くの人々が夢の為にこの本の中の杉村さんに挑戦することをご本人も望まれていると思います。

    このページのトップヘ